睡眠時無呼吸はどういう病気か

大きく分けて

1.中枢型睡眠時無呼吸症候群(CSAS)2.閉塞型無呼吸症候群(OSAS)に分けられます。

それらが混じった混合型という分類方法もあります。耳鼻科でよく扱うのは後者の閉塞型、混合性です。

 

 中枢型は脳梗塞、脳炎、奇形を始めとした脳の病気、筋ジストロフィなどの神経や筋肉の病気によって起こります。また「オンディーヌの呪い」という名で有名な(先天性)中枢型肺胞低換気症候群 という病気(眠っているときに突然死を起こすことがある怖い病気です)もこれに入ります。

 酸素が足りなくなってきているのに、呼吸を吸うための横隔膜の動きや、胸の拡張ができない状態によって起こります。


 閉塞型の場合は

 のどちんこ(口蓋垂)や周囲の軟口蓋が長くたれていて、空気の通り道が狭い

 鼻の通りが悪い

 寝ている時に舌が後ろに落ち込んで喉を塞いでしまう

 扁桃やアデノイドが大きいため空気の通り道が狭い

 歯のかみ合わせや、顎の形(下顎が小さく後ろに下がり気味の人)が良くない

 

などで起こります。

 

 このため耳鼻科的な治療としては、扁桃摘出術やお鼻の手術(鼻中隔矯正術や、粘膜切除など)で空気の通りを広くすることで改善することもあります。また咽頭形成術といったもう少し、無呼吸改善のために手を入れて行う手術もあります。

 その他、歯科にて、下顎が寝ている時に後ろに落ち込まないような、マウスピース(スリープスプリント)を作成されることもあります。


中枢型でも閉塞型でもどちらも適応になるのはネーザルCPAPという、寝ている時にはめる小型の人工呼吸器です。息が止まると強制的に空気を送り込む装置です。


眠くなるだけだけの病気ではありません

 日中眠くなり、集中力の低下に伴う学業や仕事の効率の低下、危険なところでは運転中居眠りをして事故を起こしてしまうというのが、この病気の日常生活での障害になるところです。

 

 高血圧、心筋梗塞、更には糖尿病が睡眠時無呼吸症候群の患者さんで、健康な人に比べて明らかに起こりやすいというデータが出ています。これは夜間の無呼吸により十分な酸素を送ることができないため、心臓が一生懸命動く必要があり、心臓への負担がかかること、ストレスが増大することなどが背景にあります。

 

 子供さんの場合も喉のうえのほうが狭いと、息を吸う時に胸に負担がかかり、まだ発達途中の肋骨や、胸骨の変形を起こすこともあります。

 

 「昼寝ができるから睡眠は大丈夫」ではなく、無呼吸そのものが問題であることを知っておくのが大切と思います。