睡眠時無呼吸症候群の検査

 睡眠時の無呼吸の検査で有名なものにポリソムノグラフィ(PSG)アプノモニターがあります。


 両者の違いは簡単にいうと、PSGは脳波まで記録した検査で、アプノモニターはそれができません。脳波を見ることで、睡眠の状態や、脳に障害がないかなどの情報を見ることができます。但し、頭に電極をつけるのに時間がかかることと、病院での入院がどうしても必要になるのが欠点です。


 一方でアプノモニターは、装着方法を習っていただくと、ご自宅で寝る前セッティングしていただき、測定することができます。口や鼻の息の流れや、喉の呼吸音、体位センサー、心電図、血液の酸素飽和度といった診断に必要な情報をメモリーカードや本体に記録します。これを病院に持ってきて頂いて、解析を行うというものです。


 これらの検査は実際、SASの治療を行う際の、ネーザルCPAP(nCPAP)という治療を保険診療で行うために必ず必要です。そういう意味でも必ず受けていただく検査と言えます。



ポリソムノグラフィ(検査機械や施設によってセンサーは異なります)

 ポリソムノグラフィは病院に入院して行う必要があります。多くは内科の病院で行われていますが、耳鼻咽喉科でも入院施設のあるところは検査をされています。

 写真のように頭に脳波用の電極、お鼻に空気の流れを感知するセンサー、喉の呼吸音を調べるマイク、身体の向きを調べるバンド状のセンサーなど重装備になります。もちろん心電図や、血液の酸素の量(飽和度)を調べるモニターなどもつけていただきます。

 

 そういうわけで小さいお子さんにはこの検査は難しいため、アプノモニター(アプノモニターも難しい場合もありますが)を行います。


また耳鼻咽喉科では特に次のようなことを調べます。

 

1.お鼻の形の異常がないか (鼻中隔弯曲症やアレルギー性鼻炎、肥厚性鼻炎などお鼻の病気で空気の通り道が狭くなってないか)

 

2.お口の中の観察 (のどちんこが長くないか、扁桃が大きくないかなど)

 

3.ファイバースコープを使ってお鼻の奥から喉にかけての喉の形を確認します。実際に横になって頂いて、舌の落ち込みがないか、呼吸をする時、どんな風に気道が狭くなっているかを確認します。

 

4.レントゲン写真(お鼻の病気の確認ももちろんですが、アデノイド(お鼻の奥の扁桃)が大きくないかを診たり、横からの写真で顎の形、喉の前後の広さなどの状態を評価します。

 

耳鼻咽喉科で判断しにくい、歯のかみ合わせ、顎の位置などについては、歯科の先生に診察検査をお願いすることもあります。


 この方は扁桃はそう大きくないものの、軟口蓋(上顎の後ろの柔らかいところです)が長くたれさがっていてU矢印)空気の通り道が狭くなっています。その上、のどちんこ(口蓋垂}が通常より長めです。(口を開けた時に舌に届くくらい)

 

 

 



この子に横になってもらい、お鼻からファイバーを入れてのどの状態を見ています。奥に見えるのが声帯とその上の喉頭蓋という蓋です。左右のでっぱりが扁桃です。息を強く吸うと左右から扁桃が寄ってきて喉を狭くしているのが分かります。こういう場合は、扁桃の摘出が効果的です。