舌がん

舌がんの特徴は前の項で、お書きましたが基本的に次の3つです


1.いつまでも治らない痛み

2.全体もしくは一部が硬くなっている。  ただしあまり目立たないこともあります

3.だんだん大きくなっている


  舌がんや口腔がんでも小さいものであれば、腫瘍の部分を手術で周囲を含めて切り取ってしまいます。但し放射線治療で縮小させるという選択もあります。ただ、潰瘍を作るようなタイプのがんでは放射線の効果があまり現れないこともあります。


  リンパ節への転移が疑わしい場合、もしくは転移がある場合は首のリンパ節を周囲の組織と一緒に摘出する手術を行うこともあります。術後に追加治療として放射線治療を行ったり、抗がん剤の投与を行うケースもあります。

 

   腫瘍が大きい場合はまず化学療法と放射線治療で腫瘍を小さくしてから手術を行います。時には舌に分布している動脈の枝に小さいカテーテルを耳の前や、太ももの付け根の動脈から挿入し、抗癌剤を直接動脈に注入する動注療法も行われます。

 

   舌や口腔の腫瘍は小さいうちであれば、切除して断端を寄せる手術で済みますが、大きな腫や口の底の部分にかかっている腫瘍では、切除後の欠損部分が大きく、胸やお腹の筋肉と皮膚を移植して、その欠損部分を埋める再建手術が必要になることがあります。

 

 舌を切除することで口の中で食べ物をかんだり飲み込みに影響が出ますので、お食事に制限がかかったりすることがあります。また舌を使った「ら行」や「た行」の発声がしにくくなります

 

 舌がんが舌の後ろ奥のほうにできると、場合によってのど(喉頭)も一緒に取る必要があります。この場合は声帯で声を出すことができなく、永久気管孔といって首の前に呼吸用の穴が残ります。但し声を出す方法はいろいろありますので、言葉が話せなくなるわけでは決してありません。

 問題はお体の見た目(ボディイメージ)の変化と、それによる精神的な不安ではないでしょうか。

 


  やはり小さいうちにがんと診断し、早めの治療を受けることがやはり望ましいのです