味覚障害の検査と治療

検査

 現在あるいは以前かかられた病気や、現在服用されているお薬をお聞きします。まgた舌や歯の状態を観察します。またお鼻の中もを診せて頂くことがあります。

 

 味覚の検査は色々あります。時間がかかるものも多いため、日常診療の中で行うことがなかなかできにくい物が多いのが難点です。

味覚検査
簡単な味覚検査法

簡単にできるものとしては、甘味、苦味、塩辛さ、酸っぱさを感じかを、綿棒に食塩水や、薬液を染み込ませ、舌のいくつかの場所に塗って味を感じるかを調べる方法があります。


 また塩味のする専用の紙のスプーンを舐めてもらって味覚障害を調べる、簡易的な検査もあります。


 味覚障害の原因の神経や、障害の程度をより正確に調べるために、これらを濃度を変えて染み込ませた専用の紙のディスクを使った検査もあります。


 より専門的検査では電気味覚計という、弱い電流を舌に電極で流しす(塩味がします)器械を使った検査を行います。

 また血液検査で貧血の有無、鉄や亜鉛の不足、ビタミンの不足などを調べることもあります。お口の中の真菌の有無を調べたりもします。
 唾液の量が低下していると味覚が落ちますので、お口の観察をした上で、唾液量の検査を行ったりもします。
 お耳や脳の異常(中耳炎や高速、腫瘍など)を疑う場合、CTMRIをおすすめします。

 

治療

舌ブラシ 白苔
様々なケア用品が売っています

 お口の中の清潔を保つのは大切です。ただし舌苔の扱いについては注意が必要です。

 

 普通の歯ブラシでゴシゴシこすったりすると、舌の粘膜を傷つけてしまいます。できればヘラやスプーン等をつかってそっと取るのがいいのですが、ブラシであれば柔らかい専用の舌ブラシを使ったほうがいいでしょう。

 虫歯の治療も大切です。

 

 お薬としてはビタミン剤の処方はよくされます。


 亜鉛や鉄が不足している場合は、補充するためにお薬を処方します。亜鉛については亜鉛そのものは非常に飲みにくいので、少量の亜鉛を含んだ胃薬を処方することが多いかと思います。

 短期間で亜鉛が補充されることはあまりありません。数ヶ月の時間がかかります。また、血液検査で亜鉛が正常でも回復しない例もあり、やや正常より高めを目標にお薬を処方します。牡蠣カシューナッツレバーなど亜鉛が多い食べ物をおすすめしています。

 

 鉄欠乏性貧血では、鉄剤を処方します。


 通常、神経の病気でよく使うステロイドを使う治療はあまり行いません。


 唾液量が低下している場合は、唾液を出させるために唾液腺刺激ホルモンのお薬を処方します。このお薬は嘔気などの副作用が出ることもあります。その場合は少量から開始したり、水に溶かしてぶくぶくうがいをしていただくこともあります。

 また漢方薬を使うこともあります。

 

 患者さんを100%治すのは、実は非常に難しいのですが、じっくり治療に取り組んでいく必要があります。