味がわからない(味覚障害)

味覚が低下するのはつらい

 食べ物の味がわからなくなる方がまれにあります。食べ物がおいしく感じられないのは、人生の楽しみが一つ奪われるようなものです。
 味覚の障害と言っても2つにわけられます。一つは味そのものを感じなくなる場合(味覚低下)と本来の味が感じられなくなる場合(異味症)です。今回は味覚低下についてまとめてみます。

 

味覚障害の原因

大きく分けると
1.味に関係する神経に障害がある場合

2.舌やお口に原因がある場合

にわけられます

1.味に関係する神経に障害がある場合

顔面神経麻痺 味覚障害
顔面神経麻痺 

 舌の味覚をつかさどっている神経は顔面神経の枝(鼓索(こさく)神経や大錐体神経)舌咽(ぜついん)神経です。これらの神経が障害を受けると、味覚障害が出ます。
 代表的な病気としては顔面神経麻痺が挙げられます。この病気は多くはウィルスで起こります。顔の麻痺意外に、神経がダメージを受けている場所次第で、舌の前の方を中心に味覚障害が出ます。


 もう一つは真珠腫性中耳炎という慢性中耳炎が挙げられます。この中耳炎は周囲の骨を溶かし、中耳の傍を通っている顔面神経にダメージを与えます。
 上記の神経が原因の場合、舌の片側だけが感覚が鈍って感じます。


 脳梗塞脳出血等の後遺症として、味覚障害が出ることもあります。

2.舌やお口に原因がある場合

カンジダによる味覚障害
カンジダ(カビ)が繁殖した舌

 舌に白い苔のような白苔(はくたい)がつくことがあります。これが厚いと味がわかりにくくなることがあります。


 白苔は疲れが溜まったり、栄養障害、あるいは胃腸に病気があったりすると現れます。またお口の中の抵抗力が落ちていると、細菌やかび(真菌)がお口の中に繁殖し、白苔が現れることもあります。

 また口や喉のがんで放射線治療を受けると、味覚を感じる細胞がダメージを受けたり、唾液の分泌が低下し、味覚が低下します。

3.全身の病気から来る場合

 貧血の中には鉄分の不足て起こっているものもあります。また亜鉛という微量金属は味覚の細胞が味を感じるために必要と言われています。栄養の偏りはもちろんですが、細菌の食生活の変化で、意識しなくとも亜鉛が不足している場合があります。


 腎臓や肝臓の病気がある方、慢性的なビタミンAやB12の欠乏症(悪性貧血症など)でも起こると言われます。甲状腺機能低下症などホルモンが関係することもあります。

4.お薬の副作用

 血圧や鎮痛剤を始め、抗生剤やホルモン剤、また抗がん剤などの幅広いお薬の副作用で味覚障害が出ることもあります。

5.唾液が少なくなった場合

 年齢を重ねられたり、シェーグレン症候群など唾液の分泌量が少なくなる病気で、味覚が低下することもあります。

5.お鼻が悪い場合

 風邪やアレルギーでお鼻が詰まっていると、味を感じにくくなります。風味と味覚は一体ですので。

5.原因不明なもの 

 特発性味覚障害ともいわれる、原因不明な味覚障害もあります。実は原因不明なものの割合は比較的多いのです。ただし血液検査で正常範囲であっても、亜鉛を補充することで改善する例もよく見られます。