虫歯が原因で起こった頸部膿瘍(首の腫れ)

 まず一番重症の病気である頚部膿瘍をご紹介します。首の内側には筋肉や血管がありますがその隙間の部分は脂肪組織や本当の隙間(空間)になっています。ここに細菌が感染すると膿瘍(袋のように膿がたまった状態)になることがあります。

 

 細菌の感染は歯からばかりではなく、扁桃炎や、耳下腺(耳の下にある唾液腺)の炎症が周囲に広がることでも起こります。直接他の部分の炎症が広がらなくても、リンパ液にのって首のリンパ節へ菌が流れ込みリンパ節炎をおこし、そこから広がっていくこともあります。

虫歯が原因の頚部膿瘍は、直接歯か広がるものもあれば、後者のようにリンパ節が腫れて更にそこから炎症を起こしていくこともあります。


 場合によっては膿による腫れのため、気管が圧迫されたり、気管の入り口ののどの粘膜が腫れることで呼吸困難になることもあります。その場合緊急で気管切開(気管に直接穴を開けること)が必要になることもあります。


 この方は齲歯の放置が原因で起こった右頸部膿瘍です。

 右側の下顎の腫れと口が開かない、痛みが強いとのことで来院されました。

 

 右下の親知らずに深い齲歯(うし 虫歯)があります。


 CTでみると下顎骨(下顎の奥)の奥の骨の周りに炎症と膿が広がっています。更にこれが首の方にまで広がり喉を圧迫していた状態でした。

 

 その日に頸部の皮膚を切開し、中にたまった膿を外へ出し、中を食塩水で洗いました。小さい管を数日間入れておき膿が出るのを促しました。

 

 1週間弱の入院加療となり、退院後はすぐに歯科の方で抜歯をしていただきました。


この方は左下の齲歯がありながら治療できずに放置されていた方です。頚が腫れ、息が苦しくなり、声がかすれてきたとのことで来院されました

 

 ファイバーで喉を見ると、両方の喉が声帯とその上の喉頭蓋という蓋を圧迫しています。声帯の腫れは軽度ですが、その周囲は水っぽく腫れ上がっています。そのままmだと呼吸困難の可能性もあります。

 

 CTでみると喉頭の周りに膿が溜まって膿瘍を形成していました。入院の上、抗生剤の投与を行い幸い大事に至ることはありませんでした。


 頚部膿瘍は深い齲歯(虫歯)が原因ですが、糖尿病の方など免疫力の低下している方にも時に見られます。


 私は頚部膿瘍を多く見てきましたが、齲歯の治療をされていない方の中には、事情により健康保険に入っておられず、治療ができないままになってしまった方もおられました。


 世の中の景気の問題もあり簡単に言うことはできませんが、このように時には生命に関わる病気を起こす危険もありますので、歯のためだけでなく、万が一の病気の時の保証しての健康保険への加入は是非にお願いしたいと思います。