良性発作性頭位めまい症~頭の向きや姿勢で変化するめまい

良性発作性めまい症はよくあるめまいの病気です

内耳性めまいでい最も多い「良性発作性頭位めまい(眩暈)症」のお話です

 

 まず最大の特徴はある身体の向きで起こる回転性のめまいです。例えば右もしくは左など特定の方向を向くと症状が強くなるようなめまいが典型的です。また頭の向きでめまいの向きや程度が変化するのも特徴です。

 ただし何度もその方向を向いていると次第に軽くなる(疲労現象)という特徴もあります。

 
 メニエール病という同じ内耳の病気で有名なものがありますが、これと異なり、めまいに関連した、耳の聞こえの低下、耳閉感、耳鳴りの増強などはありません。まためまい時間も短いものが多く、数十秒から数分間で収まるものが多いです。


良性発作性頭位めまい症の分類

 良性発作性頭位めまい症は、分類上、1.水平半規管型 2.前半規管型 3.後半器官型に分けられます。これはめまいの発作が起こって直ぐの方が診断しやすいのですが、実際なかなか難しい場合もあります。ただ後述の理学療法のためにも悪い方の内耳とその病型を診断することが大事です。

 

  この病気は、内耳の一部である卵円嚢(らんえんのう)の中にある耳石が何らかの原因ではずれ、それに連続する後方の三半規管の中に入り込むことでおこります。何らかの原因 といっても難しいのですが、頭に衝撃が加わったり、同じ姿勢を長時間続けている場合(たとえば長期の入院など)で起こったりします

 

  この三半規管に入り込んだ耳石が頭の向きに伴って移動し、リンパの流れを起こす(半器官内結石症)もしくは三半規管の中のクプラという毛の細胞にくっつ き、その重みで毛を傾けることで三半規管を刺激します(クプラ結石症)。

 

 三半規管はリンパの流れをこのクプラが感知して情報として頭に送っています。入り込んだ耳石によっ て頭の向きにより過剰な刺激が三半規管におこり、左右のバランスを崩した誤った情報が脳へ送られることが、頭位性めまいを起こすメカニズムです

治療について -じっと寝ていては治りませんー

 このめまいはこのように物理的な問題(耳石が三半規管に入り込む)ことでおこります。お薬での治療は難しいのですが、めまい時には吐き気止めや安定剤は効果があることがあります。


 お分かりの方もおられるかもしれませんが、この耳石を三半規管から追い出すことが治療になります。そのためには「じっと寝ていてはだめ」ということです。指導を受けながら適宜な運動を行ったり、理学療法として強制的に耳石を追い出す方法もあります。ただこれは病気の側や前述の病気の方を間違えると逆効果となることがあります。

担当の先生と相談しながらされてください。

 

理学療法の一つのEpley法です 実際はめまい観察用のメガネを当てて行います
理学療法の一つのEpley法です 実際はめまい観察用のメガネを当てて行います

似ているけど違う「頚性めまい」

 またこれと似たような病気に「頚性めまい」というのもあります。首の異常で起こるめまいで、良性発作性めまい症と似たような症状を示します。

 

 良性発作性頭位めまい症との違いは、首を曲げたりするときのみに主にめまいが起こるということです。単に身体ごと横を向いたりしてもめまいはおきません。身体に対して首を曲げた時だけおこります。首の骨の異常で引き起こされるめまいです。