メニエール病の治療

メニエール病の治療には治療ガイドラインというものがあります。基本はお薬を使った治療になります。お薬でのコントロールが効かなければ、外科的、さらに患者さんへの負担が若干強い治療を行います。


お薬での治療

 一般的なめまいの治療のお薬はもちろん使います。点滴やめまいを抑えるお薬、安定剤、吐き気度目などですが、他に2つ特別なお薬を使います。

 

 1つは浸透圧利尿剤と言われるもので、イソバイドが有名です。イソバイドは液体のお薬で飲みにくいお薬です。ゼリータイプのものもありますが、やはり味は今ひとつで、味付けのためのフレーバーが用意されています。


 1回30-40mLを1日3回飲みますが、めまいの発作状態、聴こえ方の状態を見ながら調節していきます。同じ作用のお薬でダイアモックスという錠剤のお薬もあります。ただちょっと副作用(手足のしびれや、尿管結石を起こすことがあるなど)がイソバイドより強いのと、調整がしにくいこともあるので、イソバイドが無理な方に使うことが私は多いです。

 

 もう一つはステロイドホルモンです。めまいの発作期に使うこともありますし、めまいが治まっても聴こえ方が回復しない場合、その回復目的で使うこともあります。もちろん副作用もありますので、注意しながら使います。

 

 その他、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)などの漢方薬を使うこともあります。

 

 メニエール病はめまいを繰り返しますが、その間隔が短い場合は、めまいの発作がおさまっても予防的にイソバイドを使います。少しづつ減らしていく様に服用してもらいます。メニエール病は発作の時の治療というより、起こっていない時に以下にめまい発作を予防するかが大切です。


 めまい発作や聴こえの低下の繰り返しがなかなかコントロール出来ないケースは、こうした予防的な服用がされていない場合があります。ですからあまり自己判断で服用を中止されないほうがいいかと思います。

 

お薬以外の治療

1.鼓膜チューブ留置術 

 一つの方法として、鼓膜チューブ留置術を行うという方法もあります。滲出性中耳炎や反復性中耳炎で行う治療ですが、これをあえて正常な鼓膜に対して行う方法です。

 中耳腔(鼓膜の奥の小さい空間)の圧が低下(陰圧化)していることが、その奥の内耳のメニエール病の原因になっている内リンパ腔に影響を与えているという理論に基づきます。チューブを介して、中耳腔の圧が正常化すると言われます。

 

2.中耳加圧療法

  上と同じように、まず鼓膜にチューブを留置した後、機械を用いて圧をかける治療です。これは残念ながら、現在は病院で正式に治療として行うことが殆どでき ません。加圧装置が現在厚労省の認可が下りていないため、個人輸入という形で海外から購入しなくてはなりません。また患者さんに買っていただくケースが多 く、費用がかかってしまいます

 そのため代用的な治療ですが、鼓膜マッサージ器という機械をメニエール病に使用する試みがされています。

 

3.手術治療

 上のような治療を行っても、長期間(年単位)で日常生活やお仕事にも差し支えある場合は、より患者さんにとっては負担の重い治療をすることもあります。

 

 手術としては内 耳のリンパ液を外に逃がしやすくするための交通路を作る手術(内リンパ嚢開放術)や、前庭神経(めまいに関連する神経)切断術などが行われます。手術の難 易度から、一般的に手術は内リンパ嚢開放術がます行われます。ただ手術が可能な施設が限られてはいるので、担当医の先生と相談されることが大切です。

 

  めまい発作の抑制効果は内リンパ嚢開放術で70%、前庭神経切断術で90%前後と言われています。ただし、聴力や、耳鳴りといっためまいとともに起こって いた症状の改善はもう少し低くなります。また手術の合併症として、聴力が逆に低下したり、顔面神経麻痺などの合併症が起こることもあります。

 

 しかし、内リンパ嚢開放術でも、せっかく開放した内リンパ嚢への交通路が再度詰まってしまい、数年後にまためまい発作を起こすことがあることも知られています。また手術でもありますので、麻酔や、術後感染を含めた患者さんの安全性のリスクというのも存在します。

 手術のこれらの適応については、メリット・デメリットをよく理解される必要があります。

 

4.ゲンタマイシン鼓室内投与

 ゲンタマイシンというアミノグリコシド系の抗生剤を、中耳腔(鼓室)内に注入する方法です。直接注入する方法や、鼓膜チューブをあらかじめ挿入し、チューブ経由で入れる場合もあります。

  方法としては簡単ですが、ゲンタマイシンはもともと内耳毒性があるお薬で、特にめまいに関連する前庭系に働くといわれています。ただし、聞こえに関しても ある程度の作用がありますので、時として聴力の低下が副作用として現れることもあります。また注入した際の刺激でめまいが起こることもあります。

 

 ゲンタマイシン個室内投与は手術が効果が無い患者さんや、持病や、手術を受けたくない方の場合に行います。

 

 副作用の問題もありますのでこれについても、よく主治医の先生と相談して決められることをおすすめします。