耳の下の腫れ-耳下腺腫瘍-

耳下腺腫瘍とは

  耳の下がはれる病気は、大部分は耳下腺という唾液腺が腫れます。今回は腫瘍についてまとめてみます。


  耳下腺の腫瘍は8割は良性の腫瘍と言われます。耳下腺の腫瘍は腫瘍は意外に気づかない方が多いのです。男の方は髭剃りをされるので、耳の下を触ることが多いと思うのですが、それでも何年も気づかれないことは良くあります。「何年も」という表現を使いましたが、耳下腺の腫瘍は本当に何年場合により10年以上かけてゆっくり大きくなるものが多いのです。逆に急に大きくなるようなものは悪性のもの(がん)を考える必要があります。


写真の患者さんは左耳の下の小さな耳下腺腫瘍です。
ほとんど症状はありません。

症状

   症状は悪性でなければほとんどありません。ご自分で鏡をみていて気づいたり、触ってみてわかったり、他の方から指摘されることもあります。悪性の場合は、痛みや、顔面神経麻痺で気づくこともあります。

左側の耳下腺腫瘍の方ですが、いーをした時のお口の歪みが見られます。こういう場合は神経を犯されている場合が考えられ、悪性の腫瘍も疑うべきです。

診察と検査

   実際の検査は超音波検査と、CT,MRIといった画像検査が中心です。腫瘍の性質を調べるため、針のついた注射器で腫瘍を刺して細胞を取る細胞診もよく行われます。必要に応じシンチグラムという放射線を使った検査を行うこともあります。

   耳下腺腫瘍の多く(約80%)は良性ですが、その多くは多型腺腫ワルチン腫瘍という良性の腫瘍です。ただ良性といっても何年という時間の経過とともに、悪性化して行くケースもあります。高齢者や持病で手術が難しい場合の方以外は、手術をお勧めすることが多いと思います。

   ワルチン腫瘍のように再発や多発性に出来やすい腫瘍では、せっかく手術をしてもまたできてしまうこともあります。またワルチン腫瘍は反対側つまり両側性にできることもあります。

    一方で悪性のものも残念ながら存在します。症状としては、良性の腫瘍より速いスピードで多くなったり、腫瘍の痛み、顔面神経(耳下腺の中には顔面神経が通っています)を巻き込むことで、お顔の麻痺が出ることがあります。

治療法

    治療は手術で腫瘍、もしくは耳下腺全体を摘出することが基本です。


    悪性で、周囲のリンパ節への転移が疑われる時には、同時にリンパ節郭清を行うこともあります。腫瘍が顔面神経を巻き込んでいる場合は、止むを得ず顔面神経を切断することもあります。他の部分から採取した神経を使って神経の再建術を行うこともありますが、顔面神経が元のように働いて表情をうまく作れる率はあまり高くありません。時には一般的な顔面神経麻痺と同じように、口の端の筋肉を上に引き上げて、みた目の口のたるみを改善させたりする形成手術を行います。

 

 残念ながら、耳下腺腫瘍の多くについては化学療法の有用性ははっきりしていません。術後に必要であれば、もしくはいろいろな事情で手術ができない場合は放射線治療を行うこともあります。


   以外と触らない耳の下、時々触って見られるのもいいかもしれません。