顔面神経麻痺種類と原因

多くは神経そのものの病気です

 神経麻痺と聞かれると、「脳梗塞」とかを想像される方もあるかもしれませんが、顔面神経麻痺の多くは、顔面神経そのものに原因があります。

ベル麻痺とハント症候群

 代表的な麻痺としてベル麻痺があります。古典的な定義では、原因不明の突発的な原因と言われ、ストレスや、冷たい空気への暴露で起こるとされていました。最近になりベル麻痺のうちの多くが単純ヘルペスウィルスが原因と言われています。元々は口の周りや、口角にできる痛痒い水疱を起こすウィルスです。

 

   もう一つハント症候群というものがあります。これは帯状疱疹ウィルス(水痘ウィルス)によって起こるもです。このウィルスもヘルペス属という単純ヘルペスと同じ仲間に属します。

 耳の中や耳たぶ、あるいは顔面に水疱が現れ、その後顔面の麻痺が出現し、めまいや聴力の異常をおこします。ただ多くは麻痺以外の症状が揃わず、最も特徴的な水疱がないこともあります。

 

   ウィルスによる顔面麻痺の多くは、ウィルスの再活性化によって起こります。大人の人の多くはヘルペスにかかったことがあり、そのウィルスは体内特に神経節というところに寄生します。体力の減少やストレスなどで免疫力が落ちると、ウィルスが元気を取り戻し(再活性化)します。

頭の中に原因がある顔面麻痺

 頻度は稀ですが、脳梗塞や、顔面神経鞘腫といった腫瘍で起こることもあります。この場合、顔面麻痺のみでなく、他の神経の麻痺、吐き気、めまいなどが伴うことがあります。

 脳に原因のあるいわゆる中枢性麻痺と、上記の顔面神経そのものによる麻痺(末梢性麻痺)とおおまかに見分ける方法に、「額のしわ寄せ」がどのようになっているかを見ることがあります。眉を上げておでこにしわを作った時、片一方のしわ寄せがしにくい場合は末梢性と教科書的には言われています。

おでこのしわができない
左のおでこのしわが弱くなっています

中耳炎からおこる顔面麻痺

 小さな子供さんに多いのですが、中耳炎が耳の奥まで広がり、顔面麻痺を起こすこともあります。顔面神経は脳から聞こえの神経に沿って並んで走行し、耳の奥の骨の中の顔面神経管を通って最終的にお顔の表面に出てきます。中耳炎の細菌が、この顔面神経管の表面の骨の薄いところや欠けた所から、顔面神経に感染し、神経麻痺を起こすとされています。(村上信伍先生らによる 2004)

 大人の方の場合、真珠腫性中耳炎という病気が進行すると、顔面神経管の表面が侵食され、細菌感染が起こり顔面麻痺が出ることがあります。