症状

 発症する前に耳の痛み、顔面の違和感、聞こえの異常などが先行することもあります。

 ハント症候群の場合、最初は外耳道炎と言われて治療されていたケースもあります。ハント症候群でも実際に皮膚の症状(水ぶくれ状の水疱ができます)が出る前に、痛みや発赤のみしかない時期があることがあるからです。

 そのうち水が口の横からこぼれたり、目がつむれなくなったりするようになります。これは急に起こることもあれば、時間とともに進んでいくこともあります。

 

左の麻痺のお口
左側の麻痺です。口角が右に引っ張られています

顔面麻痺以外の症状が出てくることも

 麻痺とともに一緒に起こる症状として、悪い側の眼からの涙が減ったり、聞こえ方がおかしく感じたり、味覚が(特に下の前の方で)低下したりすることがあります。

 これは顔面神経が、涙を出す涙腺や、鼓膜の緊張度に関係するアブミ骨筋への枝や、味覚に関係している鼓索神経を枝分かれとして持っているからです。

 

症状が数日間は進むこともあります

 顔面神経麻痺を感じてから4ー5日間は悪化することもよくあります。

 顔面神経は頭蓋骨の中の細い通路(顔面神経管)を通ってお顔の皮膚の下へ出てきます。

 ウィルス感染による炎症や、血流障害で神経が腫れると、周りの骨により更に神経自体が締め付けられ、ますます血の巡りが悪くなります。血の巡りが悪いと神経自体の腫れがひどくなります。そうなるとまた最初に戻って神経の締め付けが強くなります。

 そうやってどんどん麻痺の症状が悪化して行きます。

 顔面麻痺に気づいたらできるだけ1週間以内の受診をお勧めしますが、できるだけ早いに越したことはありません。

顔面神経麻痺は進行します