顔面神経麻痺の治療法

お薬による治療

治療は飲み薬や点滴で行います。

 ステロイドホルモンが中心のお薬です。ご承知のように副作用がありますので、糖尿病のある方、胃潰瘍などの既往がある方、うつ病などの心の病がある方などには、慎重に使います。

 

 飲み薬としてステロイドが処方される場合もありますが、高度な顔面神経麻痺の場合、ステロイドホルモンの大量療法が勧められる場合もあります。この場合は点滴で行うこととなります。水気を取り、神経の腫れを取るために利尿剤や、血の巡りを良くするお薬(循環改善剤)も一緒に点滴で使われます。点滴の場合は入院の上行われることもあります。入院期間は施設により様々だと思いますが、10日~2週間は見ておいたほうがいいかと思います。

 

 その他ビタミンBやATPと呼ばれるお薬を一緒に使います。

 

   さらにこれらの治療には抗ウィルス剤も併用されます。前に書いたようにヘルペスウィルスが顔面神経麻痺と深く関係していることが多いことから、早い段階から一緒に使われます。

 

 目が閉じれないことが多く、感想によって角膜を炒めてしまうのを防ぐために、人工涙液(ヒアレインといった目薬)や眼に入れる軟膏を処方することもあります。眼帯で眼を保護することも大切です。

 

お薬以外の治療

お顔のリハビリ 

 お薬の治療の他にもリハビリがあります。顔面のマッサージや、鏡を見ながら顔面を動かす運動訓練です。

 

 ただあまり早い段階でこれらを開始するのは良くないという説があります。またマッサージや運動訓練も一生懸命すればいいというものではなく、あまり大きな激しい動きは良くないといわれています。「病的共同運動」と言って、治療の過程でいびつな治り方をしてしまうのです。例えばお口を「いー」とした時に、一緒に意識していないのに目をつむってしまったりするような治り方です。これは簡単にいうと顔面神経の繊維が異なる場所の筋肉を同時に刺激するような治り方をすることで起こります。

 

   昔は低周波マッサージ(電極をはってビクッビクッとさせるマッサージ器で、似たような機械ではお顔や、肩こり用に市販の器械も売っています)のような刺激を与えるような機械を使ったリハビリをしていた時期もありました。しかし、上記のような病的共同運動を起こす危険性があるため最近はやらなくなりました。

 今ではご自分でやっていただく優しい顔面マッサージと運動訓練が中心です。

星状神経節ブロック

 星状神経節ブロックは、首の動脈のそばにある星状神経節に局所麻酔薬を注射し、一時的にその働きを抑える治療です。

 星状神経節は交感神経の集まりであり、本来は血管の収縮に関係しています。これをブロックすることで、血管が広がり、首から顔面への血液の流れを増加させる作用があります。

 

 ただ一時的に注射を打った側のまぶたが下がったり、縮瞳(瞳孔が小さくなること)がおこったり、周囲へのお薬の広がりによる声がれなど、やや違和感を感じる方もおられます。また注射を首に打つというのが怖いという方もおられます。

 もちろん血液がサラサラになるお薬を飲んでいる方には行いませんし、体格によっては(首が短く、太い方など)施行が難しいこともあります。

 そのため全員の方に行われる治療ではありません。実際の治療は麻酔科やペインクリニックの先生に行っていただくことが多いと思います。

 

 星状神経節ブロックは顔面麻痺の治療のみでなく、帯状疱疹後の神経痛の軽減にも効果があるという説もあり、特にハント症候群の方にはお勧めすることがあります。