治療効果

 残念ながら顔面神経麻痺は100%治る病気ではありません。ベル麻痺で約80%(子供さんの場合はもっと良い治り方です)ハント症候群で60%くらいと言われます。

 一方で、お薬の治療をしなくとも、自然に良くなることも多いと言われています。特に子供さんの麻痺はそう言われています。

 

治るまでの期間

  治療を開始してもすぐに効果が現れるわけでなく、10日程度経ってから治る気配を見せることが多いようです。治りが遅くとも発症後1ー2ヶ月のうちに改善の兆しが現れた場合はその後の予後は良く、ほぼ完治するというデータがあります。(柳原尚明先生1997)

 しかしながら残念ながら6ヶ月以上経過しても麻痺が残ってしまうということもあります。

 

予後の予測ー誘発筋電図(ENoG)

 発症してから7-10日のところで誘発筋電図を取り、良い方の筋肉の動きと比較すると、今後どれくらいで回復するか、あるいは後遺症の残る可能性などを予測することができます。

 良い方の40%以上の反応があれば予後は良好で1ヶ月以内の治癒が期待される一方、10%以下であれば50%の方に後遺症が残る可能性があると言われています。

 ただこれは参考値にしかすぎず、このデータが悪いからと言って必ずしも悪い結果になるとは限りません。筋電図は測定器がないとできませんから、どこの耳鼻咽喉科ででもできるわけではありません。

 

筋電図の検査 予後の予測
ENoG検査

なかなか治りにくい場合ー手術を行うことも

   実際の治る兆しがなかなか現れなかったり、先ほど述べた筋電図の結果が良くない場合、手術を勧められることがあります。顔面神経減荷術といいます。


 前にお話ししたように顔面神経は周りを骨に覆われて走っており、神経の腫れにともない、周りからの締め付けが進みます。顔面神経の周囲の骨を削って神経への圧迫を解除してあげることで回復を促すという理屈です。


 ただし発症から時間が経っていればいくら手術をしても改善しにくくなります。考え方にもよりますが発症後1ヶ月位までに手術を行うかを決めることが多いかと思います。

 

   手術を望まれない場合、あるいは全身疾患により手術ができない場合は、治りが遅くとも飲み薬と理学療法で経過をみていくことになります。


 6~8カ月間は経過を診ますが、不幸にして後遺症が残った場合は、例えば口角のたるみを引き上げる手術や、まぶたを下ろしやすくする手術など、専門の先生(形成外科や眼科)による治療を依頼します。

 

 時間が経つと最初ほど麻痺も目立たなくなる傾向もあるようです。