鼻腔異物~思わぬものまでいれてしまいます

2歳半のお子さんです。右のお鼻にプラスチックのおもちゃを詰めてしまいました。私の前に診られた先生も一生懸命に取ろうとされ、少し出血しています
2歳半のお子さんです。右のお鼻にプラスチックのおもちゃを詰めてしまいました。私の前に診られた先生も一生懸命に取ろうとされ、少し出血しています

 小さい子供さんってお鼻の中にものをいれることが結構あります。何でなんでしょう。何故か夜に多いのも不思議です。

 

 経験的に圧倒的に多いのは、大きさ的にビーズ玉、おもちゃのピストルの玉(うちの地方では BB弾て小さい頃呼んでましたが、今でもそうなんでしょうか),その他おもちゃの部品などプラスチックが圧倒的です。ついで豆などのお菓子、紙くずってところです。お家の方がすぐ気づいていればいいのですが、気づかない場合もあります。

 

 時間が経って汚い膿性の鼻水が片方からだけ出てくることがあります。これはお鼻の中で異物による感染を起こしているからです。こんな症状をみたらすぐ診てもらってください。  

 

   お鼻は奥で喉の方につながっていますから、鼻で息を吸った時に喉に異物が落ち込むことがあります。咳きこんで稀に気管の中にはいると、気管支異物となって危険な状態になることもあります。(気管支異物は別項をご覧ください)ですから速やかに病院で取ってもらうのが良いかと思います。

 

  取る時にはやっぱりちょっと痛い思いと、時にはわずかな出血を伴うことと思います。でも自分でしたこととはいえ、子供さんは悪くありません。

   周囲の大人が、子供は鼻にものをいれてしまいがちという事をいつも気にかけて、床や机の上に小さいおもちゃや豆などがないか気をつけてあげるのが大切です。

 上の写真のお子さんは、上方にはまりこんでおりやや難儀しましたが、無事取ることが出来ました。やはり複雑な形は、場合によっては取りにくいですね。


片方だけの鼻水は気をつけて

  この子は4歳の子供さんです。右側から水っぽい鼻水が出るとのことで来院されました。右の一側性副鼻腔炎ですが中を見ても別に変わった様子はありません。ただし大人と違い子供さんの一側性鼻炎がそう多くなく、異物を疑えは鉄則です。
   検査法はいろいろありますが、相手は子供さんですので痛くない検査からということで、レントゲンを撮ってみたところ、右のお鼻に異物あり、おそらく金属です。お鼻の粘膜を丁寧に収縮させると、奥に異物を見つけ摘出しました。電池です。

こんなものも異物になります

  この方も4歳の子供さんです。左のお鼻に入れたのは、セロテープの丸めたもの。思いもかけないものを拾って子供さんはお鼻に入れてしまいます。ゴミ一つにも注意ということでしょう。

下にも例を載せてます。クリックすると説明文が出ます。