入れ歯を飲み込んでしまった! その2

 固定のため反対側の歯に固定するためのリンガルバーという、長い金属の足の部分があるタイプは厄介です。足のほうが食道上部まで入り込んでしまい、病院に駆け込んでもなかなか容易に取ることは難しいのです。

 全身麻酔をかけて、直達鏡という硬い筒を喉に入れたりファイバーで見ながら、粘膜に穴を開けないように、鉗子で丁寧につかんで摘出します。


 下のように反対側の歯を使って固定するように、長い足を持ったタイプの義歯は、足が食堂側に向いて飲み込んでしまうことが多いのです。足の先の爪の部分が粘膜に食い込んで、摘出するのにかなり気を使います。


どうしても取れない場合はどうするかというと、外切開つまり手術を行って摘出します。頸部の皮膚を切開し、喉と気管の深さまで明らかにして、咽頭や食道の粘膜を切開し、外側から摘出します。手術の後はしばらくご飯が食べれないため、お鼻からの管を使って栄養を入れます。

 上のものに似ていますが、足の部分がかなり曲がっており、粘膜への食い込みが強く、口の中からの摘出は困難でした。


 そのため、くびの外側から外切開を行い食道の上の方の粘膜に切開を入れて摘出しました。

 入れ歯の誤嚥は、このように場合によっては、大変面倒なことになります。


 義歯の誤嚥を重症化させる要素としてクリスプやリンガルバーなどの金属の突起部分があります。特に固定のための長い足を持った構造の場合は取り出すのに苦労させられます。最近はこうした金属の爪や足を使わずに固定する部分入れ歯(ノンクリスプデンチャーなど)もあります。


 ただ残念ながら保険診療の範囲ではない(保険外診療)ので誰にでもお勧めするわけには行きませんが、ご高齢の方に対しては考えてみられるのもいいかもしれません。