入れ歯を飲み込んでしまった! その1

 ご年配の方で入れ歯を使う方は多いと思いますが、時には入れ歯を間違って飲み込んでしまう方が中にはおられます。とくに寝たきりの方で筋力が弱っている方や、認知症の方によく見られます。


 これは誤って飲み込んでしまった際に吐き出す力がないことがあるからです。


 歯ぐきと接着させるタイプの入れ歯の場合、大きいこともあり、そう奥に入り込むこともなく、お口の中から簡単に取り出せることが多いのです。

 

 一方で、ブリッジタイプなどの部分入れ歯が誤嚥で重症化しやすいようです。

 こういう入れ歯には残った歯を固定に使うクリスプというツメ型の金具がついています。時にこれが喉の奥の粘膜に刺さって、引っ張って取ろうとしても取れないという事態に陥ります。

 

 大きな入れ歯(上顎を覆う口蓋床があるものや、広い範囲の歯茎のついたもの)であればそう奥に入り込むことがないので、口の中から丁寧に取ればその場で取り出すことは可能です。


この方はアルツハイマー病を患っておられます。下側を広く覆うタイプの入れ歯を誤って飲み込んでしまわれました。レントゲンで見てもクリスプ部分が(特に両端に)ないのと、大きいためあまり喉の奥の方まで落ちません。こういうタイプは比較的簡単にお口から取り出すことができます


 義歯ではなく差し歯が外れて飲み込んでしまった91歳の方です。左側の食道の入り口まではいってしまってますが、クリスプのような食い込むところがなかったのと、歯ぐきにねじ込む部分が幸い上を向いています。ファイバースコープで見ながら取り出すこともできました。


 3-4個の歯のブリッジや、下顎用の細長い入れ歯の場合、喉の奥の方にはいってしまい、食道の入り口付近まで落ち込んでしまうことがあります。この場合前述のクリスプが喉のくぼみにはまり込み、周囲の粘膜に刺さってしまう事があります。

 

 この方は肺炎で入院されていた方です。ツメ(フック)状のクリスプで固定するタイプのブリッジです。レントゲンで見ると結構クリスプが尖っていますが、ファイバースコープで見ると幸い粘膜には刺さっていませんでした。寝ていただき、喉頭鏡で舌を押し上げて、鉗子を使って丁寧に摘出しました。


 とても摘出するのに難渋するのが、長い金属の足の部分を持った入れ歯です。

咽頭異物(入れ歯を飲み込んだ)その2も続けてご覧ください