睡眠時無呼吸症候群の手術 -UPPP,LAUPなど-

 睡眠時無呼吸症候群の手術で最も有名なのが、口蓋垂口蓋形成術(UPPP)です。

 

これは簡単に言うと口蓋垂(喉ちんこ)を切除し、扁桃をとって、扁桃の周囲の粘膜に一部切開を入れ縫い合わせ、空気の通り道の左右と上方を広くしてあげる手術です。

 

 この手術は閉塞型の無呼吸症候群で、左右型(扁桃型)の方にによく効果が現れます。になります。寝ている時に舌がのどの奥におちこむ舌根型の方などには効果はありません。合併症として口蓋垂を切除することで、飲み物などがお鼻に逆流するようなこともあります。


似たような手術で口蓋垂を切除し短くし、同時にこの両端に切開を入れ、この部分の緊張をとって口峡(空気の通り道)を広げてあげる手術などもあります。(LAUP)

 この手術はレーザーなどを使って、日帰りの外来手術として行われていることもよくあります。

 

 ただこの手術は前述の、飲食した際の食べ物や飲み物のお鼻への後ろからの逆流が合併症としてみられることがあります。また声が変わる(開鼻声)こともあります。

 

しかもこの手術自体の閉塞型睡眠時無呼吸症候群への効果は確立されておらず(いびきは改善することも多いようですが)、手軽だからといって安易に考えず、よくご相談されることをお勧めします。


 もう一つ、お鼻の通りが悪い場合も無呼吸の悪化の原因となります。鼻中隔(お鼻の中央の仕切り)やがまがっていたり、お鼻の中の粘膜はが腫れている、いわゆる鼻中隔弯曲症や、肥厚性鼻炎です。こうしたお鼻の形の問題に対して一緒に手術を行うこともあります。


 手術の考え方ですが、初期のように積極的に手術を勧めるというケースは現在は減っていると思います。閉塞型のタイプを判断しメリット・デメリットをご説明して決めることが多いと思います。

 前述のような合併症があることと、手術そのものの効果が完全ではなく、ネーザルCPAPを術後も使うケースも多いからです。(ネーザルCPAPを止めたいという理由で手術を希望される方もよくおられるので)

 

 UPPPでも、アプノモニターで手術前に重症の方が軽症から中等症に改善することはよくありますが、軽症の方が全く正常になるということは少ないと個人的には感じています。ただいびきについては改善すること、別の項にあるように子供さんの閉塞性無呼吸症候群については手術治療は非常に有効と思います。

 

  担当の先生とよく相談されて、手術は考えられてください