睡眠時無呼吸症候群治療 -ネーザルCPAP マウスピース 

ネーザルCPAP

ネーザルCPAPは睡眠時無呼吸の基本的な治療法です。まず最初に勧められる治療法です。夜間寝ている間にお鼻にマスクを装着していただく、小さい人工呼吸器です。

  

 CPAPとは「持続的陽圧呼吸」を意味します。

  簡単に言うと、常に一定の少量の空気を送り込んで、空気の通り道を広げ、更に無呼吸になりそうな状態を感知すると、圧を高めた空気を押し込んでくれる機械です。機械が出す音の問題と、持ち運びが困難なことが欠点です。最近は本体こそ小さくなりましたが、マスクや空気を送るチューブは小さくできません。

    

  器械は購入するのではなく、多くはレンタルで借りる形となります。 無呼吸の状態によって健康保険の適応になり、患者さんの月々のレンタル料の負担は軽減されます。しかしそのためにはポリソムノグラフィやアプノモニターによる睡眠時無呼吸の重症度の診断がされており、月1回の医療機関への受診をされることが条件になります。毎月1回の受診料からレンタル業者さんに補助が渡る仕組みになっています。そのため通院が困難な方の場合、レンタル料が高くなったり、あるいは機器そのものを購入しなくてはならなくなります。

  

  時にお鼻の空気の通りが悪い方は、ネーザルCPAPの効果がうまく現れないことがあります。こういう方の場合、鼻中隔弯曲症などのお鼻の手術をあらかじめ勧められる事もあります。

 

睡眠時無呼吸症候群 ネーザルCPAP 熊本くまモン

ネーザルCPAPの器械の一例です。電源(上)、本体(左)、お鼻につけるマスクから成り立っています。この機種はメモリーカードに夜間の作動状態を記録することができ、コンピューターで解析することができます。

睡眠時無呼吸症群 ネーザルCPAP  熊本くまモン

お鼻にマスクを当て、バンドで固定します。昔の機種に比べて送り込まれる空気の圧力も、かなり自然な感じになっています。ただやはりお鼻が詰まっている場合、口呼吸をしてしまうので、効果が上がりません。この場合はお鼻の治療も併用する必要があります。


スリープスプリント(マウスピース)による治療

 これもよく使われている方法です。簡単に言うと下顎を前に移動させて、いわゆる「受け口」の状態にする、夜間装着するマウスピースです。


 下顎を前方に強制的にずらすことで、喉のところの前後が広がり、呼吸がしやすくなるという理屈です。

 睡眠時無呼吸の検査を受けられ、診断が付いている場合は、そのデータとともに歯科へ紹介状をお持ちになれば、保険適応で作成してもらうことができます。もしそうでない場合は自費になります。(費用は病院によって異なります)


長所は

1.持ち運びが簡単でどこででもできること

2.ネーザルCPAPと一緒に使うこともできる

3.舌根沈下型などにも効果が期待できる


短所は

1.マウスピースをつけること自体、使用する際になれるまで違和感を感じる

2.耐久性の問題もあり、作り変えが必要なこと

でしょうか。