睡眠時無呼吸症候群 -心当たりのある症状ありませんか?-

 睡眠時無呼吸症候群が話題になってもう30年以上経ち、今では一般的な病気となりました。検査を希望され病院を受診する方も多くなっています。


1.朝起きても、熟睡感がない。昼間もぼーっとしている感じがする。頭がいつも重くて痛 

い。いらいらすることがある。

2.夜眠るとき、横になって眠っていることが多い。寝相が悪く、時々ベッドからおちたりする。

3.夜間にいびきがひどく、時に呼吸が数秒間とまっていると家人にいわれる。

4.子供さんの場合、睡眠時に胸が陥没していることがある。

5.子供さんの場合、いつも口を開けていることが多く、集中力に欠ける。


などがあればまずこの病気を疑います。


自覚症状の評価としてエプワースの眠気尺度というのがあります。

 いかがでしたか。

 11点なかったからといって睡眠時無呼吸症候群でないとは言い切れないので、ご自分で怪しいと思われたらやはり診察を受けられてみてください。