がま腫とはどんな病気?

舌の裏や顎の下に柔らかい袋ができる病気です

 舌の裏から口の底の粘膜の下に半透明の袋ができることがあります。大きいものでは2-3Cmくらいまで大きくなります。

 時には。途中で破れ、粘り気の強い唾液のような内容液が出てきます。そのようなときは一旦潰れて小さくなりますが、しばらくするとまた袋が同じ場所にできてきます。


がま腫  

 上の写真が典型的な例ですが、「がま腫」といいます。がまがえるがのどをふくらませた状態に似ていることから名付けえられています。ラヌラとも呼ばれます。


 お口の中の唾液を作る唾液腺には耳下腺、舌下腺、顎下腺がありますが、それぞれ、お口の中へ続く管(唾液管)を持っています。がま腫は顎下腺や、舌下腺からの唾液管に起こります。 

 唾液管の一部の流れが悪くなることと、機械的な刺激や唾液管の壁がもともと弱かったりすることが原因となります。

 唾液の一部が唾液館の外に漏れだし、周りに薄い壁を作った袋を作ります。唾液感の中にできた石(唾石)が唾液の流れを悪くする原因となることもあります。

 

顎の下に袋ができることも

  多くは口の中にできることが多いのですが、大きいものだと、口の底の筋肉の下、顎の奥にまで袋が入り込んでいることがあります。

 顎下腺や舌下腺からの唾液感は、口の底の筋肉を通って口の中に入ってくるからです。時には筋肉をはさみ、口の中と顎の下の両方にまたがってできることもあります。「だるまさん」のような形をしていることもあります。

症状

 痛みはあまりないことが多いのですが、時に鈍い痛みを伴うことかあります。何よりも袋が大きいと、食べるときにじゃまになって気になります。また舌が回りにくいので、言葉が話しにくいこともあります。また顎の下にできた腫瘤では、一旦腫れると自然に小さくなることはまずないため、美容上、気になって来ます。

がま腫 顎の下の腫れ

 口の中にはあまりできず、顎の下に袋ができていることもあります。写真の方は左の顎下腺の周りにがま腫ができていたケースです。柔らかい袋が顎の下にできています。

 側頸嚢胞や、血管腫などの病気と鑑別する必要があります。

検査

 舌の裏にできているものは、見た目でがま腫と診断できます。ただし、摘出などを考える上で、どのくらい広がっているかを調べることは非常に大切です。そのため、CTMRIによる検査を行うことが一般的です。特にMRIはコントラストもはっきりしており、周囲の筋肉との関係もわかりやすいため有用です。
 顎の下や、首にできているがま腫の場合は超音波検査を行うことも大事な検査です。
 

 一番上の写真の、舌の裏にできたがま腫の患者さんのMRI検査です。舌を上げると突出して見えますが、舌の裏、口の底の比較的深いところまで袋があります。しかし形がまとまっており、手術になっても取りやすい形といえます。

治療は手術が主体でしたが、最近は注射を行う治療も一部のがま腫に対して行われています。

治療については次のページを御覧ください