副鼻腔炎などお鼻の病気と頭痛

   お鼻の病気で頭痛や目の痛みが起こることがあります。


   長く続く頭痛にはいろいろな原因があります。

   脳への血液の流れに問題があるケース(偏頭痛や群発頭痛など)や脳自体に異常がある場合(脳腫瘍や急な発作性の痛みの場合はの脳出血なども考えられます)がまず挙げられます。三叉神経痛や、後頭神経痛などの神経痛もあります筋肉による筋緊張性頭痛も珍しくありません。高血圧の方や、頸部の血管の流れが悪くなっていたり、時には血管の炎症を起こす自己免疫の病気など全身の病気の症状の一つとしてでることがあります。

  

副鼻腔炎が頭痛の原因の事も

   頭痛の原因を確かめるため脳神経外科、神経内科、一般内科などいろいろ受診される場合があります。検査の中でCTやMRIを撮られ、副鼻腔炎が見つかって紹介されるケースが時々あります。

 

   副鼻腔炎の場合、多くは蝶形洞(ちょうけいどう)や篩骨洞(しこつどう)という、眼の間や眼の奥の空洞に炎症があります。炎症そのものの痛みではなく、時には嚢腫(のうしゅ)という袋ができておりそれによる圧迫で痛みが起こっている場合もあります。

   

   特に蝶形洞に病変があると頭の芯が痛かったり、目の奥に痛みが出ることもあります。時には視力やものが見える範囲が狭まって来たり二重に物が見えると言った症状が出ることもあります。


時にはお鼻の中の腫瘍が原因のことも

   副鼻腔炎は画像で比較的発見されやすいのですが、問題は腫瘍の場合です。上咽頭癌が代表的なものです。上咽頭癌はあまり他の科の先生に馴染みのない病気ですから、そういう目で見ないと見落としてしまうことがあります。特に造影剤を使っていない単純CTやMRIでは分かり難いあります。症状が進んで、頭の底の骨を溶かして来た段階で見つかり紹介されてくる症例があります。

   鼻の病気としての兆候を見逃してしまうと、最初はわからないこともあります。  繰り返す鼻出血や、急に進んで来た鼻づまりなどの症状が現れた場合は要注意です。大人の繰り返す鼻出血


頭痛 副鼻腔炎 前頭洞炎

この患者さんは右側の眼の上の持続的な痛みで受診された方です。
   お鼻の周りには頬や目の内側、おでこの部分に4つの副鼻腔という空洞があります(→副鼻腔炎とは)この方は前頭洞というおでこの奥の空洞とお鼻の間の交通路がつまっており、前頭洞の中に膿がたまった前頭洞炎という副鼻腔炎を起こしておられました。
   お薬での治療が効果が乏しく、痛みも強いため、内視鏡をつかったお鼻の中からの手術でこの交通路を開きました。術後1年後もCT写真や、お鼻の中からの観察でも十分交通が付いているのがわかります。頭痛についても術後は全く消失したとのことです。


   この場所の頭痛は、三叉神経痛でも起こります。

   三叉神経は顔面の感覚に関係した神経で眉の部分から2番めの枝が出ています。三叉神経痛(顔面神経痛という言い方は本当はありません)の場合も激しい痛みがありますが、より表面の痛みで、電撃痛、拍動痛等が多いようです。皮膚を触ると痛みが激しくなる、ビリビリするなどは特徴的です。

    レントゲンやCTで副鼻腔炎がなければ三叉神経痛も考える必要があります。


   この患者さんも目の内側の重い感じ、痛みにて受診された方です。

 

 篩骨洞という目の内側の副鼻腔に嚢腫という袋ができています。蓄膿症(副鼻腔炎)の手術を以前に受けた方にまれに見られますが、全く手術を受けたことがない方の例もあります。場合によっては眼を圧迫してものが二重に見えたりすることもあります。

 

 こういう嚢腫はお薬での治療には限界があり、特に大きいものについては手術で大きくお鼻側から交通をつけます。

手術後のお鼻からの写真ですが、大きく交通路がついています。


 われるような目の辺りの痛みで眠れないとの訴えで来院された、子供さんです。


 嘔気も強く、当初髄膜炎も疑われ、髄液検査も行われたのですが異常がなく、紹介となりました。


 三叉神経痛の典型的な症状もなく、CTで蝶形骨洞に陰影があり、服鼻腔炎による痛みも考えられ、抗生剤の点滴を開始しました。


 翌日には痛みが軽減し、5日目には元気に退院して行きました。

 約2ヶ月程度は内服での副鼻腔炎の治療を行い、蝶形骨洞炎がきえるのを確認する必要があります。

 お鼻の奥に腫瘍ができた上咽頭がんの患者さんです。

    頭痛がひどくCTやMRIを撮っておられたものの原因がはっきりせず、紹介で受診された方です。単純CTなどでは上咽頭がうつってなかったり、造影剤を使わないと異常に気づかない場合もあるかと思います。

     改めてお聞きすると、最近中耳炎にて近くの耳鼻科を受診されていたとのことでした。こういう耳に水が貯まる滲出性中耳炎は大人の方の場合、上咽頭に出来た腫瘍でおこることもあります。頭の芯や後頭部の痛みを訴えられることが多いようです。