鼻骨骨折の治療(整復術)

基本的にはお鼻の中から持ち上げて整復します

  教科書的には24時間以内に治療をと書いてありますが、私はいつも2ー3日後の腫れが引いた時に整復をしています。これは腫れていると整復しにくく、きちんと戻ったかの評価もしにくいからです。 2-3日後に再度来られるときに、正面と横から撮った写真があればそれをお持ちしていただくようにしています。これで以前のお鼻の形と比較をしながら整復をすることができます。

 

   中高生位からは局所麻酔でも整復できますが、子供さんや、痛みに弱い方は全身麻酔でやります。

 

 局所麻酔の際は、静脈注射で痛み止めを行い、お鼻の中に局所麻酔のガーゼをしばらくいれ、さらに実際整復する前にお鼻の中の粘膜に注射で麻酔します。整復は金属製の器具をお鼻の両方からいれ持ち上げたり、左右に骨を動かして整復します。大体麻酔時間を除いて2ー3分で整復します。

 そのあと両側から骨を支えるようにガーゼをいれ3ー4日そのままにしておきます(この間が息がしにくいので患者さんは辛いです)

 

 整復後も3週間程度は激しい運動を避けられるようにお願いしています。お鼻を守るスプリントというプロテクターを表面につけていただいたり、スポーツをどうしてもしなくてはならない方はより広く強くカバーするフェイスマスクを補装具業者さんに作ってもらいます。

 

   1週間以上経つと固まってしまい、整復が難しくなります。早めに専門医(耳鼻科や形成外科)に受診をお願いします。


鼻骨整復 熊本 くまモンファン 耳鼻咽喉科医

 外来での整復の様子です。できるだけ痛くないように、静脈注射と、局所麻酔を行います。頭をしっかり抑えて、お鼻を触りながら持ち上げるように整復します。

 痛みに弱い方、小さい子供さんは全身麻酔で行います。


整復したあとに、お鼻を守るためのガード(ネーザルスプリント)を貼っておきます。貼り直しができるので、入浴時などは外します。


横からとった整復前と整復後のレントゲン写真です。落ち込んでいるだけではなく、左右にも曲がっていたため、若干画像が異なりますが、うまく持ち上がっています。


これも同じような写真です。鼻骨の先端が持ち上がっています。