メニエール病~繰り返すめまいと聞こえの症状が特徴です

メニエール病の特徴とは

 めまいの中でよく知られているのがメニエール病と思います。メニエール病の最大の特徴は「くり返して起こるめまい」です。ただ初めてのめまい発作の場合は、この特徴だけでは判断できません。

 もう一つ特徴の特徴として、めまいの起こった時、あるいはその前に「耳鳴り」、や「耳が詰まった感じ」、「聞こえにくい」などの耳の症状が一緒に起こり、めまいが治まってくるとそれらも軽くなるというものがあります。おそらく耳鼻科の先生からこういうことを尋ねられることと思います。

 

 下の聴力検査はメニエール病で、めまいがおきてすぐの状態と1週間後の状態です。メニエール病では低い音を中心に聞こえが悪くなるのが典型的と言われます。ただ聴こえ方がそう悪くならない方もおられます。

メニエール病 熊本 くまモン好き 耳鼻咽喉科医
左側(青色)が悪い方の耳です 票の左側が低い音、右側が高い音です。低い音のところが下がっています

ストレスのある方に多く起こります

 昔は働き盛りの男性に多いと言われていましたが、外来で見ていると最近はむしろ女性のほうが多い印象です。(統計的には70年代以降ほぼ男女同じくらいの頻度といわれています)

 

 メニエール病は「内リンパ水腫」という状態からおきると言われています。簡単に言うと、内耳の中に流れているリンパ液の量が増えるのが原因です。なぜそれが生じるかははっきりしません。ただ水分調節に関係するホルモン状態の異常があるとも言われており。またストレスがめまい発作の背景にあるとも言われています。

他人にその辛さがわかりにくい

 メニエール病は短期間で落ち着く方も多いのですが、何年とめまいとお付き合いしていかなくてはならいない方もやはりたくさんおられます。めまいも激しい事が多いため、お仕事や家事に多大な影響が出ることもあります。

 

 メニエール病の辛いのは、めまいが無いときは元気なため、周りの方にその辛さを理解してもらうのが難しいことです。事実私の患者さんでも、職場での理解が不十分で、転職を余儀なくされた方もおられました。

 めまいの辛さはなってみないとわかりません。周りにもし患者さんがおられたら、親身になってあげてほしいと思います。