めまいはなぜおこる?

 耳の奥の内耳という部分と、頭の中の小脳が体のバランスや目の動き(じっとものを見つめるなどのコントロール)に関係しています。特に内耳は左右にあり、身体の動きや姿勢を感知するセンサーの働きをしています。ただ何らかの病気で、左右の内耳の右と左の働きのバランスが崩れた場合、めまいが起こります。


 また小脳やその近くに、出血や梗塞、腫瘍などがあった場合もめまいが起こります。


 内耳では、上の図の三半規管(さんはんきかん)と前庭(ぜんてい)と呼ばれる部分が、このセンサーの部分にあたります。三半規管は身体の回転運動、前庭は直線運動を感知するようになっています。ちなみにかたつむりのような蝸牛(かぎゅう)は音を感知する部分です。となり合わせにありますから、病気によっては、めまいと一緒に聞こえ方に異常が出る場合もあります。

 

 めまいは回るものという感じをお持ちかもしれませんが、時には縦ゆれがしたり、グラグラするようなめまいもあります。 特に両方のお耳が悪くなった場合や、小脳など頭の方に原因がある場合は回っていないめまいを感じることがあります。