めまい(眩暈)の種類

一度体験すると怖さがわかります

   急に目の前が回り出す恐怖というのは、なってみないとわからないものです。目の前が回るのか、自分が回っているのか、自分の体がどうなっているのかわからないといったなんとも言えない怖さがあります。

 

   私自身もめまい持ち(もっとも私のめまいは頚性めまいという首の骨に原因があるタイプですが)で、時々10秒ほどのめまいがおこります。じっとしていれば止まるのですが、それでもひどい時はつい叫び声を上げたくなってしまいます。

 

   短時間ならいいのですが、数時間あるいは数日にわたってめまいが起こる場合、特に一人でいるときに起こった時の怖さは相当なものでしょう

 

めまい(眩暈)の種類

 めまいは原因から

1)耳に原因があるもの(2)脳に原因があるもの(3)首の骨に原因があるもの(4)その他のもの

に分けられます。

 

 めまいの症状からの分類としては

(1)回転性(回る)(2)動揺性(ふらふらする)(3)眼前暗黒感(目の前が真っ暗になる)

があります。

 

(1)の回る感じのめまいは主に耳(内耳)に原因がある場合が多いのですが、時に小脳という身体のバランスを調節している脳の出血などでも起こることがあります。


(2)の動揺性のめまいは脳に原因がある場合もあれば、両方の内耳に障害がある場合でも上下揺れるようなめまいを感じることがあります。また片方の内耳の病気でも、身体の動きによって縦方向のめまいが混じって起こることもあります。


(3)の目の前が真っ暗になるようなめまいは、起立性低血圧のような血圧調節障害、貧血などのいわゆる「症候性めまい」でおこります。


(4)の頸性めまいは首の骨の変形やヘルニアである首の動きをした際に起こるめまいです。

 

 眩暈が起こっている様子です。

 赤外線CCDカメラで右眼を見ています