急性扁桃炎 ~だれでも一度はなる病気

扁桃炎は急性扁桃炎と慢性扁桃炎に分けることができます。


 急性扁桃炎は文字通り、風邪の時に喉が痛くなり、扁桃が赤くなったり、扁桃に白い膿が付着します。また、時に高いお熱を伴うことや、首首のリンパ節が多数腫れたします。

 

 急性扁桃炎はほとんどが溶連菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌などの細菌で起こりますが、時にRSウイルスなどのかぜに関連したウィルスで炎症がおこる場合もあります。

 

 特に6歳くらいまでの子供さんの場合、身体の免疫機能がまだ十分でないため、外からやってくる、細菌やウイルスを扁桃やアデノイド(お鼻の奥にある扁桃)あるいは首の周囲のリンパ節で何とか食い止めようとします。

 大人の場合は、身体全体の免疫力が高まっているので、一旦身体に取り込んででも、充分対抗できる力を持っています。子供さんの扁桃炎がひどくなりやすいのは、それだけ扁桃が大事な働きをしており、外からの侵入者に対して一生懸命抵抗力を示しているからです。

 また小さい子の場合、特に溶連菌の感染では、皮膚の症状や、時に血尿や蛋白尿などの急性腎炎を起こすこともあるので注意が必要です。

 

 大人になるにしたがって、扁桃の働きは減ってくるため、扁桃はだんだん小さくなっていきます。そのため子供さんのような強い扁桃炎を起こすことは少なくなります。

 小さい子では重症化しないEBウィルスによって重い扁桃炎が起こる伝染性単核球症や梅毒やクラミジアなどの性感染症によって起こる扁桃炎など、子供では見られないような扁桃炎を見ることもあります。


 治療は原因によっても異なりますが、ウィルスであれば抗生剤は効果はありません。ただ、通常細菌感染を合併することが多いため、抗生剤とくにペニシリン系やセフェム系のお薬がよく使われます。その他消炎鎮痛剤、消炎酵素剤、トラネキサムさんなどの消炎剤が使われます。



 18歳の方の急性扁桃炎です。タバコは吸われません。分厚い膿が扁桃にぎっしり付着しています。


時にはこんなに真っ白になってしまうくらい膿がつくこともあります。


これはかなり痛そうですね。扁桃のみでなく喉の後ろの壁も真っ赤に炎症を起こしています。またこの部分の小さいリンパ組織もるいるいと腫れています。扁桃の白いところも、膿栓というより小さい白い膜(偽膜)のようになっています。ウィルスとの合併感染が疑われます。