扁桃の手術をしたら、感染症にかかりやすくならないの?

小さい子の扁桃をとっても大丈夫なの?

 前にもお話したとおり、扁桃は子供さんにとっては大事な免疫力を担っている大事な臓器です。


 扁桃の摘出は乳幼児期の子供さんにとっては感染症にかかりやすくなる可能性というデメリットがあります。それだけに扁桃を取ることのメリットと、こうしたデメリットをくらべて、手術をするかしないかを決めています。

 よく小児科や、耳鼻科の先生と納得の行く相談をされてください。


 ただし、実際の臨床例では扁桃やアデノイド(子供さんの場合よく一緒に取るお鼻の奥の扁桃組織)の摘出術を行ったからといって、感染症にかかる率はあまり変わらなかったという報告もあります。

 

 全身の免疫力が十分ついてくる小学校の高学年以上になれば扁桃を取ることのデメリットはほとんどありません。


ホーム


スマートフォンの方は右上のメニューからも選べます

右に▼マークがある項目は更にサブメニュ-があります