声帯ポリープががんになることはありませんか

  声帯ポリープは炎症によっておこる病気です。これ自体が癌化することはありません。ただたばこを吸われ、かつこうした喉の炎症を起こしやすい人にはがんができやすいとは言えると思います。

 

   またポリープのように見えて、実際は乳頭腫(ウィルスでおこる良性腫瘍)のこともあります。乳頭腫は癌化するリスクが多少なりとも有ります。

 

   更に一見ポリープと思って手術をしてみると、実は癌だったということもあります。ファイバーで見た時はよく分かり難かったげれど、顕微鏡で見ると形がおかしい、切除した時に出血が多いなど、ポリープと違うところに気づくことがあります。

   

   ですから、まず声帯ポリープといわれ手術をすぐしないことになっても、きちんと経過を診てもらっていただきたいと思います。一見ポリープに見えたものが次第に腫瘍らしくなってくることもあります。

 

   血痰は通常のポリープではでませんし、声を出すとき以外に痛みがでることもありません。こんな症状があれば組織検査が望ましいかと思います。喉頭がんのところもご覧ください。

 


左の写真、似ていますが、組織検査の結果は左が声帯ポリープ、右が喉頭癌(扁平上皮癌)でした。多くはないですが、ファイバースコープの観察だけでは、診断がつけにくいこともあります。

 

 保存的に見ていくことになっても、定期的に形の変化がないかなどを見ていくのも大事です。できれば早めの手術か、組織検査がいいかと思います。