急性喉頭蓋炎

 急性喉頭蓋炎というのは、声帯の上にある喉頭蓋という蓋の部分の炎症です。この喉頭蓋は食べ物を飲み込む時、倒れて、声帯や気管の入り口を塞ぐ働きがあります。この部分が炎症を起こして腫れる病気です。腫れ方がひどいと、声帯が塞がれてしまい、呼吸ができなくなります。

この病気は2つのことで怖いと言えます。

1.この病気の怖さを知らないと早期では見逃してしまうことがある

 最初はあまり腫れが強くなく、のどの痛みと、軽い声がれでクリニックを受診されることがあります。耳鼻科医であれば、喉頭鏡やファイバーを使って喉の奥まで観察しますが、一般の内科系のクリニックではそこまですることは普通ありません。

 通常の風邪としてお薬を処方され、帰宅後、数時間して症状が悪化するというパターンがあります。

 ただ一般の内科の先生でも、喉頭蓋炎の経験がある方は独特の含み声(アヒルの声のようなこごもった声)に気づかれることもあります。また中にはレントゲン写真をとって、喉頭蓋が腫れていることがわかることもあります。聴診器で喉を聴き、狭窄音の存在でこの病気を疑うこともあります。

 

2.急速に病状が進行する

 もうひとつこの病気が怖いのは、短時間で急速に腫れが進行するということです。数時間前まで(痛みなどはあるものの)普通にしていたのに、急に息が苦しくなり、慌てて救急車を詠んだにもかかわらず、救急車の中で窒息してしまうということもあります。

 

 「気管に管を入れればいいじゃないか」と考えられる方もあるとおもいますが、喉頭蓋が強く腫れた状態では、気管チューブを声帯に入れるのは極めて困難です。医師でも入れるのが困難なことがあるくらいですので、残念ながら救急救命士さんが気管内挿管ができないこともありえます。

 

 この場合、緊急気管切開あるいは経皮的気道確保(頚の皮膚を切って直接気管に穴を開けたり、特殊な管を頚の皮膚から直接気管に刺したりする)のが必要なのです。病院内であればまだしも、ご自宅、救急車で起こればどうしようもなく、結果的に窒息死してしまうこともありえるのです。実際救急車での搬送中の死亡例も複数報告されています。

 

原因と治療その他もご覧ください