顎や耳の下がよく腫れる ー唾石症ー

 片方の顎の下が時々腫れるという方がいます。腫れるのは食事の時など唾が出るときが特に多く、一旦腫れるとすぐには引きません。痛みを感じることも多く、時には顎の下が赤く腫れ上がることもあります。顎の下だけでなく、耳の下が腫れることもあります。


 片方の同じ側が腫れるのがポイントで、こういう方は顎下腺や耳下腺などにできた石による症状です。石を唾石(だせき)といいこういう腫れや痛みを唾石症と呼んでいます。


唾石症は顎下腺によくおこります

 唾液腺は大きな唾液腺としては3つあります。耳の下の耳下腺、顎の下の顎下腺(がっかせん)、舌下腺(ぜっかせん)です。これらの唾液腺から口の中につながる唾液管があります。
 この中でも顎下腺に特に唾石がよくできます。その訳は、それぞれの唾液腺が作る唾液の質によります。耳下腺からできる唾液はさらさらですが、顎下腺が作る唾液はねばっこい唾液です。舌下腺はその中間です。


 粘り気が強い唾液だと、唾液の流れるスピードがゆっくりです。お口の中はもともと細菌が存在していますし、虫歯があるとさらに雑菌が増えます。こうした細菌が唾液腺からお口にへつながる管に入り、それが核となって石ができます。耳下腺より顎下腺からの管のほうが、唾液がゆっくり流れるので、口側から細菌が管の中に入りやすいのです。

 

 耳下腺にできるより顎下腺、舌下腺にできる唾石が圧倒的に多い理由です。
 

症状

 特徴的なのは、前述のような食事の時の耳の下や顎の下の痛みと腫れです。両方にできることもありますが、多くは片方のみに起こります。

 石が詰まっているため、唾液が流れることができず、唾液腺が腫れてしまうのです。唾液がたまって、常に片方の唾液腺が腫れている方もおられます。そこに感染が加わって、激しい痛みや腫れ、発赤が出ることもあります。


 写真の方は右側の耳下腺の唾石症です。感染が加わり、耳の下が赤く晴れています。

検査

 レントゲン超音波検査で分かる場合もありますが、もっとも有用なのはCTです。石の数や位置がわかり、手術の方法などを決めることができます。
 

超音波検査です。白く石灰化した石が写っています。

治療

 感染を起こしている場合は抗生剤で抑えます。腫れが強い場合は、痛みがなければマッサージを行い、たまった唾液を押し出すようおすすめします。
 1‐2mm程の小さい石は、次第に唾液に押し出され、唾液管の口への出口のそばまで石が流れてくることもあります。
 
 小さい石でも最後の出口のところで引っかかることもあります。こうなった時は口の中から粘膜とその舌の唾液管に切開を入れる「口内法」という方法で石を取り出します。

 大人の方であれば、外来手術で局所麻酔下に行うことが可能です。石をとった後は、切開部分を広く周囲の粘膜と縫いつけます。傷口のところが狭くなり、詰まってしまうのを防ぐため、小さいシリコンチューブを数日間入れておくこともよくされています。


石が出口で詰まったている方です。こういう石は、口内法で取ることができます


このぐらい前の方であれば、口内法で取ることができます


 右側の顎下腺似できた唾石を口内法で摘出しているところです。舌の裏側の真ん中にある筋のすぐ右側が唾液管の出口です。粘膜を切開し、唾液管を切開しています。
 2枚目は切開した唾液管と、口の中の粘膜を縫いつけ、そこに広い排泄口を作っているところです。


 石が大きくて出ない場合、もしくは出口から遠い唾液腺の傍にある場合は、ちょっと厄介です。顎下腺の場合は、顎下腺と顎下腺からの管を石とともに取り出す手術を行います。

 これは顎の下を切開して行うことになります。傷ができることと、顎下腺の近くを走る顔面神経の枝にダメージを与え、顔面神経麻痺(多くは一時的で治ることがほとんどですが)をおこすこともあります。
 

 上のような、奥の顎下腺のすぐそばにできた唾石は、外切開の上、顎下腺と管を一緒に摘出します。


 耳の下の耳下腺の唾石はより大変です。耳下腺の中を顔面神経が通っていることと、耳下腺自体が大きいため、顎下腺のように簡単に摘出ということができません。皮膚を切開の上、耳下腺内の唾液管を切開し石を取りますが、その後唾液が漏れたり、手術によって唾液管が詰まったりする危険性があります。もちろん顎下腺に比べ、顔面神経麻痺を起こす危険も高くなります。

内視鏡による手術

 最近、内視鏡による唾石手術が開発されました。小さい硬性内視鏡を唾液管の出口から挿入し、同じく小さい鉗子で石をつまんでとりだします。大きさも8-9mm程度まで大丈夫のようです。

 皮膚に切開を加えませんので、傷もつかず美容的に優れています。一方で、石の市によっては取り出すのに時間がかかったり、どうしても取れないため、結局、外切開による手術に変更になることもあります。
 まだ新しい方法で、専用の内視鏡を備えた医療機関が極めて少ないのですが、今後広まっていく方法と思われます。