鼻出血が起きたら

 マンガにもよく出てくる「上を向いて頭の後ろをトントン」というのをやったことがある方も多いかもしれません。でもこれは正しい鼻血の止め方ではありません。

 「上を向く」のではなく「下を向く」のが正しいやりかたです。

 

 

 

1.まずお鼻の柔らかいところ(鼻翼)をしっかりつまみます。

 

2.次に軽く下を向きます。口の方に血液が流れ込んできた場合 は、ペッと吐き出すのでなく、ぐじゅぐじゅする感じで舌で押し出してティッシュ等で取りましょう。

 

3.もし可能なら、アイスノンや小さい袋に入れた氷を(低温やけどをしないようにガーゼなどでくるんで)つまんでいるところの上(目の内側のちょっと下)にあてるのも効果的です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.15分ほどで通常は出血が治まってきます。

 

5.ただし30分以上たっても出血が止まらない場合は病院で診てもらいましょう。

 あるいは最初に尾翼をつまんでいてもどんどん口の方に血液が流れ込んでくるようなら早めに病院受診をされてください。

キーゼルバッハ部位以外のお鼻の奥や上の方から出血した場合はこの方法での止血は困難です。またこうした所からの出血はその出血量も多くなりがちですので。

 

6.ワーファリンやバイアスピリンなどのちがサラサラになるお薬を飲まれている方の場合も、早めの病院受診をおすすめします。特にワーファリンの場合は、自然止血は困難なケースが多く、その他の抗凝固剤でも一見止まったように見えて、その日の深夜に再出血などもよくありますので。病院受診の際にはお薬手帳や、お薬の名前の書いてある紙を持って行かれてください。

 

7.鼻出血は、少量でも派手に見えることもあり、また普段血液を見慣れていない方の場合、びっくりしてしまいます。

 

 出血中は反応性に血圧が上がりがちです。

(もちろん大量に出血した場合は逆に低血圧になりショックをおこすこともあります)

 慌ててしまうとますます血圧が上がり出血します。落ち着いて対処することが大切かと思います。