アレルギー性鼻炎の検査について

  病院に行けば簡単な検査でアレルギー性鼻炎かどうかを診断することができます。今まで症状が出なくても、大人になって新たに発症する方もおられます。

 スギ花粉症の症状といえば「くしゃみ、鼻水、鼻づまり」のいわゆる鼻症状が中心です。でもこの時期は風邪のシーズンでもあります。長く続くお鼻の症状があれば花粉症を疑いましょう。

 家でのお掃除の最中や、ほこりっぽい倉庫にはいると、くしゃみや鼻水が出ることはありませんか?家のホコリ(ハウスダスト)やダニのアレルギーかもしれません。

 季節の変わり目や、寒い日に急に暖房の部屋に入った時にくしゃみや水っぱながでたりしませんか。アレルギーの患者さんは温度変化に敏感です。意外とアレルギー性鼻炎かもしれません。

 簡単な検査でアレルギーかどうかを知ることができます。お心当たりの症状があれば、検査を受けてみませんか。

具体的な検査方法としては簡単なものから
1. 鼻汁好酸球検査(上左)
鼻水の中に分泌される好酸球というアレルギーに関係する細胞を染めて顕微鏡で確かめます。
 
2. スクラッチテスト、皮内テスト(上右)
皮膚に小さいキズを付けて花粉などのアレルギーを起こす物質のエキスを垂らして、あるいは直接皮下に注射をして赤く腫れる皮膚の反応を調べます。15分ほどでわかる検査です。すべてのアレルギーの原因物質(アレルゲン)に対しての検査は難しいため、代表的なものを選んで検査します。
 
3. 血液中のIgE抗体の検査(RAST,MASTなど)
花粉やダニなどのアレルギーの原因に反応するそれぞれの抗体(IgE)というのが血液中にあるかを採血して調べます。費用が少しかかります。(1項目で3割負担で500円ほど) 
 
更に詳しく調べるには原因物質のエキスを染み込ませた紙をお鼻の中にいれて、実際に症状が怒るかを確かめる誘発試験などもあります。
 
  アレルギーの有無を知ることは大変大切です。
 お心当たりがあれば、ぜひ病院で検査を受けてみられてください。