鼻中隔弯曲症とは -症状など-

 鼻づまりで耳鼻科にかかったりした時や、学校の健診で「お鼻がまがってます」とか言われたことはありませんか。


 片一方のお鼻の通りがずっと悪いという方がおられます。

 もちろん、通常のお鼻でも、時間帯によってお鼻のつまりが強くなったり、横向きに同じ姿勢でずっといると、お鼻の下側の方の通りが通りが悪くなることはあります。

 そうではなく、常に片方だけの通りが悪く気になってしまう方、こういう方は鼻中隔弯曲症(びちゅうかくわんきょくしょう)を持っておられることがあります。同時にお鼻の中の両側からの出っ張りである下甲介が肥大している(肥厚性鼻炎)方もおられます。

 

 また、転んでぶつけたり、スポーツや事故などの外傷によって起こった鼻中隔弯曲症もあります。これは鼻骨骨折の結果、おこるものです。

 

下の写真は左への鼻中隔弯曲症の方です。左側のお鼻のつまりが気になり受診されました。

(PCの方はクリックして拡大されてください)

鼻中隔を作っている下の方の骨の部分と、上方の軟骨の部分の境が左側に強く曲がっています。また広い方の右側の下甲介は左に比べ大きくなり(肥厚)、反対に左側は小さくなっています


鼻中隔弯曲症は病気なのでしょうか

 鼻中隔は軟骨と、骨の部分の組み合わせでできた左右のお鼻の空気の通り道の間の仕切りです。

 

 この骨と軟骨部分のつなぎ目のところを中心に鼻中隔が曲がることがあります。小さい頃からの発達の過程で、まっすぐ伸びなくてはならない骨の部分が、まがって発育したりすると、柔らかい軟骨との間の継ぎ目の部分に、尖った部分や盛り上がり(陵)を作ります。


 本当に鼻中隔がまっすぐな方はそう多くはなく、日本人の成人の場合、70%の方がどちらかに鼻中隔のがまがっているという説もあります。


   ですから鼻中隔が曲がっていることが病気ではなく、当然手術を全員がうけなくてはならないことはありません。

   


鼻中隔弯曲症の手術をするのはどういう場合でしょう

 手術をお勧めずるのは次のような場合です。

 

1.ご本人に耐え難い鼻づまりの症状があること 

 その原因がお鼻の中の形に問題があると判断する場合、つまりかなり強く鼻中隔がまがっている場合です。鼻骨骨折などケガや外傷によるお鼻の変形による鼻づまりもこれに入ります。


 一方で弯曲症以外の原因、例えば鼻茸ができていたり、アレルギー性鼻炎や肥厚性鼻炎などで、お鼻の粘膜が腫れて鼻づまりがおこっている場合は、そちらの治療が優先されます。


2.鼻出血の原因になっている場合

 鼻中隔の曲がった先端た部分の粘膜は薄く、曲がりの強い部分がのた両側の壁に接触することで、ちょっとぶつけたりこすっただけでも鼻出血をおこすことがあります。難治性の区営返す鼻出血に対し手手術をお勧めすることもあります


3.副鼻腔炎の手術を行う際に、鼻中隔の曲りが手術の捜操作に影響が出ると思われる場合

   現在副鼻腔炎(蓄膿症)の手術はほとんど内視鏡でお鼻の中から行います。手術の操作をしやすくするために、最初に鼻中隔の曲がりを取ることがあります。


手術については鼻中隔弯曲症の手術をご覧ください


鼻骨骨折による鼻中隔弯曲

 左側の鼻骨骨折による鼻中隔弯曲症の方です。以前にスポーツでお鼻を打撲されています。(未治療とのことです)

 左側のお鼻の中ですが、鼻中隔の弯曲が非常に強く、左側のお鼻の入り口は完全につまってしまっています。こういう方は明らかに手術の適応です