鼻中隔弯曲症の手術について

 手術は全身麻酔でも局所麻酔でも可能です。

鼻中隔の曲がりを取るだけでなく、両側のでっぱりである下鼻甲介の切除を一緒にすることもあります。

鼻中隔矯正術

 鼻中隔矯正術といっても、鼻中隔を曲げたり、全部とってしまったりするわけではありません。

 多くは粘膜下窓形切除術という術式で行われます。

 

 鼻中隔の前方から下のほうまで粘膜に切開を加え、鼻中隔表面の粘膜と軟骨を剥離し、露出した軟骨にも切開を入れ、反対側も同じように粘膜と軟骨を外したうえ、文字通り、曲がっているところを中心に、軟骨部分と骨を窓型に繰り抜いて除去するというものです。

 

 骨は一部はノミで削ります。当然ですが全部とってしまうとお鼻が落っこちてしまいますから、前方や上方の一部を残して、お鼻の形が保たれるようにします。

 

 最後に切開した粘膜を縫い合わせ、鼻中隔の両側から残った粘膜を圧迫してくっつけるためにタンポンやガーゼを入れます。これは数日間入れっぱなしになります。(その間は両方のお鼻から息ができません)

    

左は鼻中隔を横から見た図です。黄色い部分が軟骨の部分、ピンクの部分が骨の部分です。曲がっている部分を中心に軟骨と骨の一部を除去します。お鼻が変形しないよう、上方と前方は枠組みとして残します。

右の図は前から見た模式図ですが、鼻中隔の軟骨、骨部と左右の粘膜を外し、鼻中隔を切除します。

(クリックして拡大します)


(粘膜下)下甲介切除術

 一緒によく行われる下鼻甲介切除術は、下甲介の腫れている部分を下端や側面をはさみで切り落とします。

 

 あるいは前端の粘膜に切開を入れ、粘膜の下の骨を周囲の組織とはずし、根元で切断して引き抜く、粘膜下下甲介切除術が行われます。骨の厚みの分だけ下甲介のボリュームが小さくなります。

 

 最初の方法のように粘膜を切ってしまうと、治りが遅く、また表面の粘膜が失われてしまい、お鼻の粘膜の機能(例えば吸った空気を加湿、加温したり、汚れをお鼻の奥に鼻水と送るなど)が損なわれるとされます。

 現在はお鼻の粘膜はできるだけ温存したほうがいいとの考えから、手間がややかかりますが後者の方法(粘膜下下甲介切除術)が行われることが多くなっています。

 一番左が、下甲介の粘膜を切り取る方法です。

 真ん中と右側は「粘膜下下甲介切除術」で下甲介の粘膜の中の骨の部分のみを切除、除去し、下甲介の容積を縮める方法です