急な片方の鼻づまりは注意~お鼻の腫瘍

片方だけがいつもつまる場合は、注意も必要

 鼻づまりはよくある症状ですね。風邪を引いた時に、お鼻が詰まることも良くあります。

ただ風邪を引いていない時でも、鼻づまりが続くようであれば、それはお鼻の病気のことを考える必要があります。

 

 両方同時煮詰まったり、右と左が交互につまる場合アレルギー性鼻炎などの慢性鼻炎や、慢性副鼻腔炎などがまず考えられます。

 一方で同じ側がいつも詰まっている場合は、鼻中隔弯曲症といったお鼻の形の問題の他、何かお鼻の中にできていることを考える必要があります。

 

両方詰まる鼻づまり

  鼻づまりの原因で多いものに鼻茸(ポリープ)がまず挙げられます。ポリープは通常療法できることが多く、両側性の鼻づまりを起こしますが、時に片方にだけ、大きなポリープを創ることもあります。

 

 鼻茸は副鼻腔炎を合併している方が多いので、治療としてはアレルギーや副鼻腔炎の治療が中心になります。大きいものの場合は手術で摘出します。両方にできることが多いのですが、片方だけにポリープができることもあります。

 特に喘息持ちの方は、ポリープが重症化しやすく、また手術でとっても再発しやすいことがあります。(好酸球性副鼻腔炎

 

 鼻茸は悪性の病気ではありませんし、それが悪性化することもありません。

 

片方が急につまるようになってきたら注意が必要です

 鼻中隔弯曲症が原因で起こる鼻づまりは、通常、若い頃から鼻づまりが起こっていることが多いと思います。

 最近起こった鼻づまりでも下の写真のようなアレルギーや肥厚性鼻炎といった、交代性(交互におこる)鼻づまりは心配いりません

 

 ただ今まで鼻づまりを感じたことがなかったのに、最近気になるという場合は注意が必要です。ここでのお話は、片方だけのお鼻の詰まりが最近気になってきた場合、時に見られる腫瘍のお話です

 

1.良性腫瘍

 乳頭腫は代表的な良性の腫瘍です。パピローマウィルスの感染によって起こるとされています。基本的に良性ですが、組織によってない方発育型と、外方発育型に分けられます。内方発育型は、将来がん化する可能性があります。

 組織確認もかねて、乳頭腫は基本的には手術による全摘出が必要になります。お鼻の中だけでなく、殆どは上顎洞や篩骨洞という副鼻腔の中まで充満していることが多いのです。

 

 見た目が通常のポリープ(鼻茸)と似ていますので、ポリープ切除を受けても、すぐ再発する場合は可能性として考えるべき病気です。

 
   乳頭腫の他にも、血管腫線維腫などの良性腫瘍があります。

2.鼻腔がん

 お鼻の中にも悪性の腫瘍ができます。上顎洞や篩骨洞にがんができ、その一部がお鼻の中に広がっていることが多いのですが、お鼻の中だけに限局しているものもあります。
 

 鼻づまりだけでなく、鼻出血で気づく方もおられます。あるいは痛みを感じられる場合もあります。また、お鼻の奥にできる上咽頭がんの場合、耳が詰まった感じがするなどの中耳炎症状を起こします。

 

  稀ですが、悪性黒色腫がお鼻にできることがあります。この病気は皮膚にできることが一般的ですが、耳鼻咽喉科領域でもお口の中や、歯ぐき、お鼻の中などに粘膜にできます。
   その他、嗅神経というお鼻の中の天井にある、匂いを感じる神経が腫瘍化した、神経芽細胞腫などもあります。

3.がん以外の悪性の病気

 悪性リンパ腫が代表的です。リンパ腫白眉などのリンパが腫れるのも良くありますが、副鼻腔や、お鼻にできることもあります。中には急速に1日単位で大きくなるものもあります。鼻づまり以外の症状が少ないこともあり、発見が遅くなることもあります。今まで鼻づまりがなかったのにだんだんひどくなって来たという場合は注意が必要です。
 

 悪性腫瘍の場合、時には大きくなって頬が腫れたり、鼻の外まで広がってくると眼が押されて、ものが二重に見えたりすることもあります。急速に進むタイプの場合、早めの受診が必要です。

 

検査

 身体に侵襲が少ない検査から言えば、CTMRIがまず挙げられます。造影剤を使わない単純CTでも、周囲の骨の破壊など悪性の所見がみられることもあります。鼻茸などの副鼻腔炎であっても、一側性の場合はこうした画像の検査は行ったほうが望ましいと言えます。

 造影剤は、アレルギーなどの副作用や腎機能によって使えないこともありますが、悪性を疑うのであれば、必要な検査です。


 腫瘍が疑われるばあいは、組織をとって調べる生検が必要です。局所麻酔薬を注射してし、わずかの組織をとって診断をつけます。ただし、血管腫や黒色腫を疑う場合は、出血や転移のリスクの問題もあり、注意が必要です。


治療

 良性、悪性にかかわらず手術が主体となります。


 悪性腫瘍、特にがんの場合は手術の他に、化学療法放射線治療と組み合わせて治療を行います。化学療法では、上顎洞がんなどの副鼻腔のがんでは、腫瘍に栄養を送っている血管に直接抗がん剤をいれる動注療法を行うこともあります。


 リンパ腫の場合は化学療法や、リンパ腫のタイプによっては放射線治療を行うこともあります。手術を行うこともありますが、腫瘍の広がっている範囲と、組織の型によります。


 悪性黒色腫手術が基本です。通常の放射線治療は効果が弱いため、最近重粒子線による治療が行われるようになっています。ただし、施設が全国的にも少ないこと、高度先進医療であり、患者さんの自己負担がかなり高額なことがネックです。最近の保険はこうした先進医療をカバーする保険が増えており、こういうものを使って治療されると負担が軽減できます。

 抗がん剤インターフェロなどのお薬による治療も中b中効果が上がりにくいのですが、最近、分子標的薬が使用できるようになり、今後の予後の改善が期待されています。