好酸球性副鼻腔炎

 喘息の患者さんの多くに慢性副鼻腔炎が合併するといわれます。そのような副鼻腔炎は頭痛や鼻づまりのような症状はもちろんですが匂いがしない、しにくいといったにおいの障害を訴えられる方が多いのが特徴です。


匂いがしにくくなるのが特徴です

 鼻ポリープ(鼻茸)がいくつもお鼻の中に出来、匂いを感じる嗅裂や嗅神経が塞がってしまうために起こります。なかなかお薬での改善が芳しくないため、時にはステロイドのような強い炎症を抑えるお薬を使うこともあります。

 喘息患者さんに起こりやすい、このような通常と違った副鼻腔炎は好酸球性副鼻腔炎と呼ばれます。

 前述したように

 喘息を合併していることが多い

 匂いの障害が症状として強い

 副鼻腔炎の手術を受けても、すぐにポリープなどが再発してしまう。

 治りにくい中耳炎(好酸球性中耳炎)を一緒に起こすことがある

 が特徴です。


中耳炎や特殊な喘息の合併もあります

   お鼻の中を観察すると、房状のものも含めて、多数のポリープが認められます。ポリープの中には多数の好酸球が認められます。血液の白血球の中の好酸球が非常に多くなっています。写真はこの病気の方の鼻茸の組織ですが、赤い色の好酸球が多数見られています。

     診断のためにCT検査も役立ちます。 好酸球性副鼻腔炎は、目の間の篩骨洞に強い炎症が起こりやすいと言われます。

   写真は好酸球性副鼻腔炎の手術で取ったポリープの組織像です。非常にたくさんの赤く染まった好酸球が、組織中に浸潤しています。

         

   また副鼻腔炎が進行すると、好酸球性中耳炎を合併することもあります。 

 好酸球性中耳炎は子供さんがかかる滲出性中耳炎に似て、鼓膜の内側に滲出液がたまります。しかしその液がかなり粘調なことで、聞こえが悪くなりやすく、また次第に聞こえの神経も障害を受け、難聴が回復できなくなる難治性の中耳炎です。 

   また痛み止めを飲むと喘息発作がおこるアスピリン喘息であることもあります。


 

難治性の副鼻腔炎です〜難病指定にもなっています

   匂いや鼻づまりの改善のために、手術を行うことが多いのですが、ポリープをとっても、しばらくするとまた再発してしまいます。福井大学の藤枝先生のグループはは約半数が5年以内にポリープが再発したと報告されています。 

 手術の後で、ポリープの再発を抑えるため、ステロイドの内服を行ったり、抗アレルギー薬や喘息でも用いる抗ロイコトリエン薬を用います。 それでも何回もポリープが繰り返し起こることもあります。

   写真は、再発したお鼻のポリープに対して、ステロイドを1ヶ月使った前後の写真です。ステロイドが非常によく効いています。


    

 その治療の難しさから平成27年からは難病指定になっています