カビで起こる副鼻腔炎

珍しくはありません−真菌性副鼻腔炎−

 カビ(真菌)による副鼻腔炎があります。カビが寄生するなんてと思われるかもしれませんが、水虫だってカビが爪や皮膚に寄生したものですから、決して珍しくないと言えるでしょう。 

 重度の糖尿病、長期のステロイドや免疫抑制剤を服用している方にも見られますが、特に持病がない方がほとんどです。

症状について

 カビによる真菌性副鼻腔炎では1.片方の目の周りや頬の痛みがある 2.臭い匂いをいつも感じるという訴えが多いようです。まれに血性の鼻水を訴えられることもあります。


 ほとんどの真菌性副鼻腔炎は片一方に起こります。副鼻腔炎を起こすカビとしてはアスペルギルス、カンジダ、ムコールといった種類のカビが挙げられます。おとなしいタイプのカビであれば早々問題ないのですが、アスペルギルスの一部やムコールは周りの骨を溶かしたり破壊していくものがあります。

 

 お鼻のそばには眼球、上には脳があります。時にそこへ進展すると視力が障害されたり、脳炎や髄膜炎を起こすことがあります。カビに効く抗真菌剤も効果が不十分なことがあり、場合によってはカビによって命を落としてしまうことも稀ではありますが、実際にあります。

真菌性副鼻腔炎の診断

 病院での検査ではまずレントゲン写真で片方の影を認めたあと、CTで確認します。先ほどお話したように片方だけの副鼻腔の影を認めると、CTでもう少し詳しく調べます。


 カビによる副鼻腔炎は炎症が強くある程度の時間が立っていることもあり、副鼻腔の周りの骨が厚くなっていることが多いのです。またカビ自体が塊(菌塊)を作っており、内部が石灰化とといって石のように硬くなっていることもあります。

 MRIという検査も真菌の診断には有効です。

 

 同じように片方だけの副鼻腔の影があっても、歯が原因で起こる歯性上顎洞炎や、単純な片方だけの慢性副鼻腔炎も中にはあります。また良性悪性をとわず腫瘍ができている場合もあります。ですからCTやMRIなどの断層画像の検査は必ず必要です。必要であれば造影剤を使った検査を行うこともあります。 

 下の写真は80歳の方の左側の上顎洞真菌症です。(写真の右が実際の左側に相当します)

最初の2枚がCT、次の2枚がMRIです。CTで左側の頬の周りの骨(白いところ)が厚くなっています。

 また頬の内側の上顎洞にはお鼻の内側から針をさして内部を洗い、その洗浄液を培養検査に出したりすることもあります。

治療法について

 治療については、抗真菌剤の内服や点滴では残念ながら完治することは難しいため、多くは手術をおすすめすることになります。手術は現在はほとんど内視鏡手術で行います。菌の塊と、炎症の強い粘膜を除去します。完全にカビの菌を取リ除かないとしばらくしてまた再発します。

 内視鏡で十分取りきれない場合は歯茎の上を切って顔面の骨を出して、直接上顎洞に穴を開けて操作をする術式を行うこともあります。

 手術の後に抗真菌剤の投与を行います

実際の症例

  この方は80歳後半の男性の患者さんです。左側の鼻づまりで受診されました。CTを撮ると左側の頬の内側の上顎洞にカビの塊と思われる影を認めました。カビの塊の中に石灰化(白くなっているところです)が見られます。菌の塊が内側の骨を圧迫し内側に膨隆しています。

手術を行っているところですが、お鼻の中からの内視鏡手術で、粘土の塊のような真菌塊を摘出しています。実際の菌はアスペルギルス菌でした。(7.5Mb)

カビでおこる副鼻腔炎

取り出したカビの塊(真菌塊)です。