急性中耳炎

 小さな子の病気の定番、急性中耳炎はその多くはお鼻からの感染で起こります。

   お耳とお鼻は「耳管」という管でつながっています。この管を通ってウィルスや細菌が、お耳の中の中耳腔に到達すると、中耳炎が起こります。

 

 小さい子がいきなり耳を痛がりだすと慌てちゃいますよね。近くにすぐ駆け込める病院がないケースも有ると思います。でも軽症の中耳炎の中にはまずは鎮痛剤だけで対処できるケースも有るのです。

   

     軽症の中耳炎に対しては、ウィルス(抗生剤は効きません)感染によるケースも多いのと、抗生剤への耐性化を防ぐ意味で、最近は抗生剤を控えることがあります。

   アメリカやヨーロッパのガイドライン(治療指針)や日本のガイドラインで推奨されています。関連記事→)

 ですから軽症の場合、ご自宅に解熱用の坐薬があれば、痛みをとってあげるだけで初期治療としてはOKという例もあります。でももちろん次の朝にはお近くの耳鼻科で診てもらってください。

「じゃあどんなのが軽症なの」と思われるでしょうが、患者さんが判断できる簡単な方法は

1. 発熱がないか、あっても微熱

2. めまいや吐き気がない 

3. 耳だれが出ていない 

4. 耳の周囲の皮膚に変化がない

    ということだと思います。


 逆に上記があれば、やはり早期の受診が望ましいかと思います。


 右上は1歳の子の右側の軽度の中耳炎です。

 下は膿が鼓膜の向こうに見えてます。右側の写真はもう破裂して膿が出る寸前です。こうなると痛みも最高潮になってますし、高いお熱が出ていることもあります。鼓膜切開(鼓膜に小さい穴を開けて膿を出す)の適応になるケースです。