小さい子の発熱と中耳炎~原因不明のお熱など

小さい子供さんが、かぜなどの症状は乏しいのに高いお熱を出すことがあります。子供さんのお熱は特別な病気を除けば、一般的には気道感染、扁桃炎や咽頭炎のほか中耳炎が多いと思います。耳が痛いとの訴えがあればいいのですが、ぐったりして泣く元気すら無いようなときなどよくわからないこともあります。

 

 下のお子さんは小児科で抗生剤の点滴をしながら解熱しないため、ご紹介を受けた患者さんです。両側重症の中耳炎と診断し、即時に鼓膜切開(小さな穴を鼓膜に開けて膿を出す)を行いました。速やかに解熱しているのがおわかりいただけると思います。

 

 最近は小児科の先生が耳の中を診てくださることが多くなり、中耳炎の診断をつけて紹介してくださいるケースもよく有ります。鼓膜切開はやはり耳鼻科医でないと難しいと思いますので、こうした連携は重要かと思います。

 

 鼓膜切開は決して危ない処置ではありません。これについてはまた改めてまとめてみたいと思います。